パスワード6文字、1秒未満で突破

パスワード6文字、1秒未満で突破 メールのファイル
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC3074Z0Q1A630C2000000/?n_cid=SNSTW001&n_tw=1626062922

 ※ メールの添付ファイルに、「パスワード」を記載して送付するのは、「論外」ということだな…。

 ※ しかし、大体どういうシチュエーションがあるんだ…。

 ※ 「暗号化したファイル」を添付しといて、「その暗号」を教えるとかか…。

 ※ 「Zans!n01」だと、「55日13時間」か…。

 ※ それも、スゲー話しだ…。

 ※ 「失敗ロック方式」は、時にイマイマしいが、有効な方式なわけだ…。

『セキュリティー対策ソフトのデジタルアーツは、メールに添付されたファイルのパスワード解読に関する調査結果を発表した。一般的に利用できるパスワード解読ソフトで様々な文字列を試したところ、英語の小文字6ケタは1秒未満、8ケタでも20秒で突破できたという。同社は「メールの添付ファイルは短時間で解読できる」と警告する。

ウェブサイトのログインなどは、パスワード入力を一定数失敗するとロックされる仕組みが多い。だがメールの添付ファイルは入力を何回でも試すことができるため、通常の解読ソフトで容易に突破されてしまうという。

英語と数字を組み合わせた8ケタでも、例えば小文字の「zansin01」では2分13秒だった。大文字を入れた「Zansin01」では2日と6時間(解読終了までの最長の見込み時間)、さらに記号も組みあわせた「Zans!n01」では55日と13時間(同)に伸びたが、同社は「より高度な解読環境なら数十分の1の時間で解読可能。パスワードでの運用は限界がある」と指摘している。

ファイルにパスワードを設定してメールで送る方法は、ファイル内部のウイルスを検知できなくなるなどセキュリティー上の問題点も多い。平井卓也デジタル改革相が省庁で廃止する方針を打ち出すなど、官民で見直しの動きが進んでいる。』