インドから中国へ:「一方的な現状交代は受け入れられない」

インドから中国へ:「一方的な現状交代は受け入れられない」
両国は、外相会合後に国境問題について「相互に受け入れられる解決を求める」と合意した。
https://www.aljazeera.com/news/2021/7/14/india-tells-china-continuing-border-tensions-not-in-either-sides

『(翻訳は、Google翻訳文)
昨年の合意にもかかわらず、中国とインドがヒマラヤ西部の紛争中の国境をめぐるスタンドオフを解決できなかったことは、どちらの側の利益にもならない、とインドの外相は水曜日に彼の中国のカウンターパートに語った。

昨年の協定に従って、双方の軍司令官は、他の摩擦点からの完全な撤退に向けた第一歩の一環として、2月にパンゴン湖地域からの軍隊、戦車、大砲の撤退を完了した。

読み続ける

2020年:紛争の1年
インド、中国のフラム、国境危機緩和に伴いホットラインを設置
インド、中国は紛争中の国境からの部隊撤退を完了
プロジェクトフォース:インドは軍事超大国かペーパータイガーか?

しかし、インドのSジャイシャンカル外務大臣は、これらの他の地域での摩擦は未解決のままであると述べた。

「(大臣は)双方が、既存の状況の延長は双方の利益にかなわないということに同意したことを思い出した。「それは目に見えて否定的な方法で関係に影響を与えました」と、インド外務省は声明で述べました。

ジャイシャンカルと中国の王毅は水曜日、タジキスタンの上海協力機構の外相集会の傍らで会談した。

昨年6月の国境衝突で少なくとも20人のインド兵が死亡した- 40年以上にわたる紛争中の国境での最初の戦闘損失[File: ロイター経由のマクサー・テクノロジーズ]
2020年4月以降、数千人の兵士が実際の統制線(LAC)、または氷河のパンゴン湖を含む事実上の国境で対決しており、両国間のより広範な紛争への懸念が高まっている。
先月、インドのメディアは、ニューデリーが過去数ヶ月間に中国国境に5万人以上の追加部隊を配備したと報じた。

「相互に受け入れられる解決策」

昨年6月の国境衝突で少なくとも20人のインド兵が死亡し、40年以上ぶりの戦闘敗北となった。中国はその後、兵士のうち4人も殺害されたことを認めた。

インド兵の殺害は中国に対する反発を引き起こし、ニューデリーは中国企業や投資に抑制を課すことを余儀なくされ、大人気のTikTokを含む数十の中国のアプリを禁止した。

しかし、今週初めに発表された新しいデータは、上半期の二国間貿易は570億ドルで、関係の冷え込みにもかかわらず、前年同期に63%上昇したことを示した。

[先月、インドのメディアは、ニューデリーが過去数ヶ月間に中国国境に50,000人以上の追加部隊を配備したと報じた[File:デンマーク・シディキ/ロイター]

両大臣は、緊張を高める可能性のある一方的な行動を避けることによって、問題に対する相互に受け入れ可能な解決策を模索し、現場の安定を確保することに合意した、と声明は述べた。

「ドゥシャンベSCO外相会合の傍らで、中国の国務院とFM王毅との1時間の二国間会談を終えた。「議論は、西部セクターのLACに沿った未解決の問題に焦点を当てました」と、ジャイシャンカールはツイートしました.

「一方的な現状変更は受け入れられないことを強調した。国境地帯における平和と静けさの完全な回復と維持は、私たちの関係の発展に不可欠です。上級軍司令官の早期会合を招集することに合意した。

水曜日、インド軍は、中国軍が2月の合意の後、ライバル部隊が離脱したラダック東部のLACを横断したとの報道を否定した。

出典:アルジャジーラと通信社 』