イタリア、ベネチアへの大型クルーズ船乗り入れ禁止

イタリア、ベネチアへの大型クルーズ船乗り入れ禁止
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR1404R0U1A710C2000000/

 ※ これで、某国の「旅行客」も、激減だろう…。

 ※ 随分、世界の「風向き」が変わって来たな…。

 ※ 「お金を、落としてくれる宝の山」のハズが、「何やら、忌まわしいもの」をバラ撒いてくれたのでは…、という疑いがあるんではな…。

『【ウィーン=細川倫太郎】イタリア政府は、「水の都」と呼ばれる北部ベネチア中心部への大型クルーズ船の乗り入れを禁止する。8月1日から適用する。船が起こす波によって歴史的建築物や海洋環境への悪影響が懸念されていた。

重量2万5000トン以上、長さ180メートル以上などの条件に該当する船を対象に、サン・マルコ広場の周辺の運河などに入れなくする。ドラギ首相は14日までに「ベネチアのラグーン(潟)を守る重要な一歩になる」との声明を発表した。今後、大型クルーズ船はベネチアから数キロメートル離れた工業用の港を利用することになる。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は6月、世界遺産であるベネチアを価値が失われる恐れがある「危機遺産」に登録することを勧告した。16日から始まるユネスコの世界遺産委員会は登録の是非を判断する見通し。伊政府はその前に対策を打ち出すことで、登録を回避したい狙いがあるとみられる。』