仏、自国民の国外退避勧告 アフガン情勢を懸念

仏、自国民の国外退避勧告 アフガン情勢を懸念
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071400259&g=int

『【カブールAFP時事】在アフガニスタン・フランス大使館は13日、安全上の懸念から、アフガン滞在中のフランス人全員に国外退避を勧告する声明を発表した。米軍など駐留外国軍部隊の撤収が進むアフガンでは、反政府勢力タリバンの攻勢が各地で強まっている。

タリバン波状攻撃、反撃策なし 全土攻勢の様相、戦力分散―アフガン軍

 声明は、仏政府がカブールを17日に出発する最後の特別便を用意したと説明。「この特別便に搭乗するか、独自の方法で直ちに出国するよう」呼び掛けている。17日以降もアフガンにとどまる場合、安全な出国は保証できないと強調した。仏大使によれば、大使館は既に現地のアフガン人協力者らを退避させた。』