中国、防衛白書に反発 「台湾問題に手を出すな」

中国、防衛白書に反発 「台湾問題に手を出すな」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM1397M0T10C21A7000000/

『【北京=羽田野主】中国外務省の趙立堅副報道局長は13日の記者会見で、2021年版の防衛白書に反発した。「いかなる国が台湾問題に手を出すのも絶対に許さない」と強調した。「強烈な不満を示し、断固として反対する」と話した。

中国海警局の公船が沖縄県・尖閣諸島周辺で領海侵入をくり返している実態について「尖閣諸島とその付属する島しょは中国の不可分の領土だ」と従来の見解をくり返した。今年制定した海警法に関しては「国際法に完全に適合している」と述べた。

日本政府が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」の戦略にも触れ「冷戦思考で歴史の後退だ。ゴミの山に捨てられるべきだ」と主張した。

【関連記事】
・防衛白書、台湾有事の日本波及を警戒 島しょ防衛強化
・「台湾情勢の安定重要」 防衛白書に初明記
・中国・習氏「台湾統一は歴史的任務」 党創立100年式典
・中国・習氏「外部の圧迫許さぬ」 強権堅持、人民軍増強 』