トルコ・イスタンブール、2036年五輪招致に名乗り

トルコ・イスタンブール、2036年五輪招致に名乗り
市長、インフラ整備で「企業と協力」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR12BNU0S1A710C2000000/

 ※ 大運河計画も、こういう動きと関係しているんだろう…。

『【イスタンブール=木寺もも子】トルコ最大都市のイスタンブール市は13日、2036年の夏季五輪・パラリンピック大会を誘致すると発表した。日本経済新聞の取材に応じたイマモール市長はインフラ整備について「スポンサーを募るやり方も考えられる」として、民間資本の参画に期待を示した。

イマモール氏は同日の記者会見で「パンデミック(世界的大流行)で、スポーツと健康の重要さが再確認された」として、市民のスポーツ参加を促す五輪精神を広げることが市や国の将来にとって重要だと訴えた。

イスタンブールは人口約1600万人。20年大会の招致レースでは東京と最後まで争った。イスラム圏で開催されれば史上初となる。36年大会には英ロンドンやインド西部アーメダバードなども立候補するとの観測がある。

イマモール氏は19年の市長選で、世俗主義政党として四半世紀ぶりにイスラム保守政党から市長職を奪回し、次期大統領選ではエルドアン大統領の有力な対抗馬候補とみられている。このため国とはことあるごとに対立しているが、イマモール氏は取材に対し「党派を超えて国民一丸となって取り組みたい」として、国と共同で準備チームを立ち上げたい考えを示した。

メイン会場を含むインフラ建設については「既存の施設をフル活用すれば、市の予算で十分に可能だ」と述べた。「イスタンブールは世界中から注目を集める都市で、多くの企業が協力に関心をも持つはずだ」として、不足が生じた場合も広告効果を狙う民間資本が埋められるとの認識を示した。

この記事の英文をNikkei Asiaで読む
Nikkei Asia

21年の大会期間中の東京視察は日本側の入国制限で断念したものの、将来の感染症対策などで「東京の経験から学びたい」と述べた。』