中国電子機器大手の聞泰科技、英半導体企業を買収

中国電子機器大手の聞泰科技、英半導体企業を買収
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM0629T0W1A700C2000000/

『【広州=川上尚志】中国の電子機器大手、聞泰科技(ウィングテック)は5日、英半導体メーカーのニューポート・ウエハー・ファブを買収すると発表した。オランダの子会社を通じて全株式を取得する。買収額は非公表。ニューポートは自動車向け半導体に強みがある。ただ英国では中国系企業に買収されることへの懸念も出ており、実現には不透明感もある。』

『聞泰科技の半導体子会社である蘭ネクスペリアが、ニューポートの親会社から株式を買い取る契約を結んだ。ネクスペリアはすでにニューポートに一部出資しているが、株式を買い増して完全子会社にする。米CNBCは買収額が約6300万ポンド(約100億円)になると報じた。聞泰科技は「取引に関わる協議はまだ進行中だ。不確実性がある」と説明している。』

『ニューポートは1982年設立で、英西部ウェールズで工場を運営する。電力を効率的に制御するパワー半導体を手掛け、自動車などに使われる直径200ミリメートルのウエハーで月3万5000枚超の生産能力を持つという。2020年の売上高は3091万ポンド、最終損益は1861万ポンドの赤字だった。ネクスペリアは工場と約500人の技術者を全て引き取る計画だ。

聞泰科技はスマートフォンのODM(相手先ブランドによる設計・製造)大手で、半導体など電子デバイスも強化している。聞泰科技とネクスペリアの会長を兼ねる張学政氏は6日の発表文で、「ニューポートが加われば、自動車向け半導体などの設計や製造の能力を高められる」と述べた。』

『ただ英政府が規制に乗り出す可能性もある。英国では4月、通信、防衛、人工知能(AI)などの分野で外国企業の買収を規制する「国家安全保障・投資法」が成立した。CNBCは今回の買収について「同法によって審査されておらず驚きがある」とする英政府高官のコメントを報じた。』