シリア反体制派拠点に砲撃

シリア反体制派拠点に砲撃
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB034GR0T00C21A7000000/

 ※ シリア情勢、このところあまり注目していなかった…。

 ※ いつの間にか、ロシアの支援を受けて、アサド政権側が支配地域を拡大している情勢だ…。

 ※ 米国・NATOのアフガン撤退という情勢も、関係しているんだろう…。

 ※ 現在の支配地域のマップ、探したが、見つけられなかった…。

 ※ ちょっと古いものばかり、だった…。

『【カイロ=共同】シリア内戦で反体制派が拠点を置く北西部イドリブ県に3日、アサド政権軍による砲撃があり、シリア人権監視団(英国)によると、子ども7人を含む民間人9人が死亡、16人が負傷した。

イドリブ県では、反体制派を支援するトルコと政権軍の後ろ盾のロシアが昨年3月に停戦合意し、激しい戦闘は止まっていたが、今年6月以降、政権軍の攻撃で死傷者が出ている。

2011年から続く内戦ではロシアやイランの軍事支援を受けたアサド政権が国土の大半を掌握し、反体制派はイドリブ県と周辺を最後の拠点としている。』

北の国から猫と二人で想う事 livedoor版:露空軍がシリアの広範囲でISに空爆 パルミラ付近で200人殺害
view-source:http://blog.livedoor.jp/nappi11/archives/5254346.html