〔三浦博史〕

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E5%8D%9A%E5%8F%B2

『人物
東京都出身。慶應義塾大学卒業後、安田信託銀行に入行。その後1979年から椎名素夫(衆議院議員)公設秘書を9年間務める[1]。その間、社団法人国際経済政策調査会事務局長、ジョージタウンフォーラム・オブ・ジャパン(会長:安倍晋太郎)会長秘書役等を歴任[2]。

1988年、アメリカ合衆国国務省個人招へいプログラムで米国に派遣[3]。

1989年、日本初の選挙プランニング会社である「アスク」を設立し、代表取締役に就任。以後、選挙のキャンペーンビデオや選挙ソフトの開発、世界各地の選挙事情の情報収集などに努め、日本各地で行われる国会・首長・地方議会選挙を手掛けると共に、従来からの「どぶ板型選挙=地上戦」と、最新の「科学的根拠に基づいた空中戦」の融合を進め、選挙プランナーとして活動中[4]。業務は国会議員か地方首長選挙が主な対象である[4]。

2013年4月4日、「ネット選挙解禁」に関する第183回国会衆議院政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会に与党側参考人として出席[5]。

保守を自認しており、顧客は保守系の候補者が多い。東京都知事選挙の石原慎太郎[6]、舛添要一、神奈川県知事選挙の黒岩祐治、千葉県知事選挙の森田健作、新潟県知事選挙の泉田裕彦、山口県知事選挙の山本繁太郎、沖縄県知事選挙の仲井眞弘多他、数多くの首長、衆参国会議員等のプランナーを務め、勝率は9割という。三浦は『週刊ポスト』の取材に対し、「勝率9割というのは、落ちそうな人からは仕事を受けないということもある。米で勝率1位の選挙プロ、トム・ヒュージャーに『どうしたらあなたのようになれますか』と聞いたら、『簡単だ。運がよくて、勝てそうな人しかクライアントにしないこと』と。それに従っているだけです」と答えた[4]。

2020年9月に内閣総理大臣に就任した菅義偉が、就任翌日の9月17日に、一番最初に会った人物が、三浦である[7]。』