〔ディーゼル・エンジン、ガソリン・エンジン、燃料(揮発油)なんかの話し〕

※ 気候変動対策、カーボン・ニュートラルということで、「脱内燃機関」とか、「EVシフト」なんかの話しが、盛んに喧伝されている…。

※ それで、「内燃機関」とか、そもそもの「燃料」とかの話しで、ざっと「理解しといたほうがいいこと」を、貼っておくことにする…。

※ まず、そもそもの「内燃機関」で燃やす「燃料」の話しからだ…。

※ ガソリンも、ジェット燃料に使用される「ケロシン」(ほぼ、「灯油」と同じ)も、ディーゼルエンジン車で使用される「軽油」も、トラック・船舶なんかで使用される「重油」も、全て「石油(原油)」から「精製」される…。

※ 原油を「加熱」すると、「揮発(気体化)」する…。

※ そして、原油の「成分」の中には、「低い温度で気体化するもの」と、「高い温度で気体化するもの」が含まれていて、この「揮発の温度」の差を利用して、「分別」することができる…。

※ ガソリンなんかは、「低い温度で気体化」するものだ=非常に、「引火」しやすい。

※ 灯油は、それほど「引火」しやすいものでなく、扱い易い…。だから、「家庭用ファンヒーター」とか、「石油ストーブ」なんかで、「燃やして」暖房器具として使っているだろう?

※ 石油の成分は、全て「揮発(気体化)」するものでもなく、加熱しても、どうしても後に残る成分もある。それが、「アスファルト」だ…。あの「黒い色」は、原油由来の色なわけだ…。

※ それで、こういう「内燃機関の燃料」は、「石油(原油)由来のもの」だから、「燃やす」と、どうしても「CO2(二酸化炭素)」が出る…。

※ それで、「気候変動対策」のやり玉に上げられて、「クリーン・エネルギー(太陽光、風力)」で作り出した「液体水素」(eフューエル)を燃やす「内燃機関」にシフトしたらどうか…、なんてな話しが生じて来ているわけだ…。

※ ガソリンエンジン(4サイクルエンジン)の各工程の「モデル図」だ…。

※ ガソリンエンジンで使う「ガソリン」は、非常に「着火」しやすい…。

※ それで、「ガソリン+空気」の混合気体を、圧縮していって、「上死点」に達した時に、「スパーク・プラグ」が「火花」を飛ばすと、「爆発的に」燃焼する…。

※ これに対して、ディーゼルエンジンで使う「軽油」は、それほど「着火しやすく」ない…。

※ ディーゼルエンジンの場合は、「燃料+空気」の混合気体は、使わない…。

※ 単に、「空気」だけを圧縮していく…。そうすると、ドンドン「気体の温度が上昇」していく(高校の「化学」で、ボイルシャルルの法則とかやったろ?気体の体積を「縮小」していくと、気体の「温度」は上昇するんだよ)。

※ そして、「上死点」に達した時、燃料(「軽油」)を霧状にして、「吹く」んだよ(燃料噴射装置を、「インジェクション」とか言ってるな)。

※ そうすると、「霧状になった」「燃料の一粒一粒が」それぞれ「燃焼」する…。それでも、極く狭い空間で「燃焼」するから、ドッカンドッカン、爆発的に動作する…、というわけだ…。

※ こういう「動作原理」だから、ディーゼルエンジンは、わりと「燃料」を選り好みしない…。

※ 軽油、灯油、重油…、「霧状にして吹き込むこと」ができるならば、幅広く「燃焼させる」ことができる…。

※ 本来は、「軽油」をタンクに入れるべきところを、「灯油」を混ぜて、「揮発油税」を「脱税」したなんて話しを、聞いたことがあるだろ…。

※ ただし、「いい話し」ばかりじゃない…。

※ ディーゼルエンジンで燃やした「排ガス」は、汚い…。PM(パーティクル・マター。早い話しが、煤(スス)だ)がたっぷり含まれている…。「軽油」の成分由来なんで、ガソリンの排ガスよりも多く含まれてる…。

※ それから、NOx(窒素酸化物)も…。このN(窒素)は、「空気」由来だ…。シリンダー内で、大量の空気を圧縮するから、どうしてもNOxは、多く発生する…。NOxは、「光化学スモッグ」の原因となる…。

※ だから、そういう「汚い排ガス」を「取り除く」ためには、「除去装置」をつける必要がある…。

※ しかし、そういう「装置」をつけると、気体が「スムーズに」流れないから、どうしても「馬力」は低下する…。二律背反なんだよ…。

※ それで、「特別な検知機構(電子装置)」を組み込んで、「排ガス測定を行っていること」を検知した場合には、「浄化装置」を働かせ、「そうでないこと」を検知した場合は、「浄化装置」を働かせず、「汚い排ガス」を垂れ流しをする…、ということをやった自動車メーカーがあった…。

※ これが、かの有名な「インチキ、クリーンディーゼル」事件だ…。

※ 集団訴訟起こされて、世界中で騒ぎになった…。確か、まだ完全には決着してないと思ったが…。

ディーゼル、脱炭素でも粘る 建機や農機でなお強み

ディーゼル、脱炭素でも粘る 建機や農機でなお強み
編集委員 竹田忍
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGH23E4K0T20C21A6000000/

『世界的な脱炭素の潮流や2015年の独フォルクスワーゲン(VW)によるディーゼル車の排ガス不正発覚で、燃費効率の高さを売り物にしてきたディーゼルエンジンのイメージは著しく傷ついた。様々な領域で電動化が加速し、電気自動車(EV)はエンジンを積んだ自動車を脅かす存在になりつつある。産業用ディーゼルの独擅場だった農業機械や建設機械でも電動化の試みが進むが、クボタの鎌田保一常務執行役員は「乗用車、トラック、産業用の順で電動化は難しくなる」と語る。

中大型の農機・建機は蓄電容量足りず
農地や工事現場で使う農機や建機は多くの電気を消費する。さらに最寄りに充電できる場所が少なく、充電切れは大問題だ。対策として着脱式のバッテリーパックを使い、電気を使い切るとフル充電したパックに交換する仕組みの開発が始まったが、小型機が対象だ。中大型の農機・建機に使うにはバッテリーの蓄電容量がまだ足りない。

Nikkei Views
編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。
「新型コロナウイルス禍によるロックダウンで在宅時間が増えた結果、米国ではトラクターの需要が増えた」とクボタの土屋賢司エンジン事業推進部長は語る。住宅の庭が広い米国ではトラクターに作業機を取り付け、芝刈り機として使う。

こうした用途なら充電インフラの問題もなく、電動化しやすい。クボタは19年にフランス・パリの公園で、草刈りや資材運搬に使う小型電動トラクター試作機の評価試験を済ませた。追加の評価試験はコロナ禍で遅れ、今年10月の実施を予定している。また小型の電動ミニショベルを23年から日本かドイツで生産する。

パリの公園で評価試験中の電動トラクター試作機(2019年11月)
だが大半の農機や建機は低速で土や粘土を耕したり、掘削したりするのが仕事で、大きなトルク(駆動力)が必要だ。「電動化はできてもトルクが足りない」とヤンマーホールディングスの田尾知久執行役員は話す。大きな負荷がかかる産業用ディーゼルには独特の粘り強さが求められている。

ディーゼルエンジン、高い燃費効率で普及
ディーゼルエンジンは、ドイツのルドルフ・ディーゼル博士が1892年に発明した。シリンダー内の空気を圧縮したときの温度上昇を利用して燃料に着火し爆発させるディーゼルエンジンは、点火プラグを使う他のエンジンよりも燃費効率が高い。ただし大きくて重いのが難点だった。

世界中の機械メーカーが小型化に挑み、初めて成功したのがヤンマー創業者の山岡孫吉氏だ。1933年に完成した「横形水冷ディーゼルエンジンHB形」は3馬力で高さ95センチ、横120センチ、奥行き74センチで重さは500キロだった。

世界初の小型ディーゼル、ヤンマーの「横形水冷ディーゼルエンジンHB形」
ヤンマーの尼崎工場(兵庫県尼崎市)には、現存する世界最古のディーゼルエンジン2機のうちの1機が展示されている。ディーゼル博士ゆかりの独MAN社が小型化の功績を高く評価して57年に寄贈した。1899年製で高さ3・2メートル、20馬力で重さは5・8トンある。HB形に比べて馬力は6倍以上出るが、重量は11倍を超えており重い。

小型化の成功でディーゼルを農機や建機に搭載する下地が整った。英国で蒸気トラクターが発明されたのは59年、米国でガソリンエンジンを積み、前後進もできるトラクターが登場したのは92年だ。その後、エンジンはディーゼルに切り替わっていった。

1957年、独MAN社からヤンマーホールディングスに寄贈された現存する世界最古の実用ディーゼルエンジン(兵庫県尼崎市)
日本では1950年代半ばに北海道で欧米製大型トラクターの利用が始まった。クボタは60年に日本初の純国産トラクター「T15」を発売した。15馬力のディーゼルエンジンを搭載していた。

ヤンマーはより高性能のエンジンを求め、61年にドイツのNSU、ヴァンケル両社と提携し、ロータリーエンジンの技術を導入した。専門の「ロータリー内燃機研究所」を設けるほどで、一時は船舶やチェーンソー向けで精力的な商品化を進めたが撤退。ディーゼルに回帰した格好だ。

農機にも求められる環境対応
農林水産省の予測によれば、世界の食料需要は2000年に約45億トンだったが、50年には約69億トンまで増加する見通しで、農機に対する需要は大きい。ただ化石燃料の利用に対する環境規制は年々厳しくなり、環境負荷の少ない農機が必要だ。

エンジン効率を引き上げるカギの一つは、独ボッシュやデンソーなどが開発した「コモンレール」だ。タイミングをきめ細かく電子制御し、燃料を高圧噴射する。燃料の粒子が細かくなって燃え残りが減り、粒子状物質(PM)の発生を抑え、燃費も良くなる。

ターボチャージャー(過給器)も欠かせない。エンジンの排気で回るタービンから高圧の空気を送り込み、エンジンの出力と燃焼効率を高める。少ない排気量でパワーが大きい「ダウンサイジングターボ」が可能になる。モーターと蓄電池を併用するハイブリッド化とコモンレール、過給器の3点セットは今後の産業用ディーゼルに必須となる。クボタはハイブリッド化した産業用ディーゼルを23年をめどに実用化する。

ディーゼルは軽油、重油、天然ガスなど使える燃料の種類が多いのも利点だ。ヤンマーの山岡氏は資源に乏しい日本の国情を考え、石炭を細かく砕いた微粉炭を使うアイデアも温めていたという。

次世代ディーゼル、決め手は合成燃料
ディーゼルの存続には、環境負荷の小さい燃料への切り替えも考えねばならない。ヤンマーの田尾執行役員は「二酸化炭素(CO2)排出量が少ない圧縮天然ガス(CNG)を使う農機の開発を進めている」という。ただCNGは石油に比べてエネルギー密度が低く、大きな負荷がかかる作業だと厳しい場面もある。水素も同様にエネルギー密度が低い。

クボタの木股昌俊会長は「決め手は合成燃料ではないか」とみる。再生可能エネルギーで水を電気分解して得た水素と、様々な産業から回収したCO2を触媒で反応させてメタンを作り、さらに水素を添加して液状の合成燃料「eフューエル(燃料)」を作るのである。

これは温暖化ガス排出量を実質的にゼロにする「カーボンニュートラル」につながる。液状で従来の燃料と混合でき、既存のパイプラインや給油所、エンジンも流用できる。

合成燃料は100年前からある技術だ。CO2と水素からメタンを合成する技術は1911年に仏の化学者サバティエが発見した。20年代、ドイツの技術者フィッシャーとトロプシュは、一酸化炭素と水素に熱と圧力をかけ、触媒で反応させて液体炭化水素を合成する方法を開発した。コストが高く、なかなか普及しなかったが、温暖化ガス排出に対する課税や助成金交付などが進めば、実現可能性は増す。

ヤンマーの田尾執行役員は「創業者は農家の仕事を楽にするために小型ディーゼルを開発した経緯があり、今後もエンジン事業の重要性は高い」と語る。クボタの鎌田常務執行役員は「エンジン工場の新建屋に280億円をかけ、増産対応を含めると320億円を投資した」と話す。脱炭素の大きなうねりの中にあってもなお産業用ディーゼルには果たすべき役割があり、そこに注力する企業がいる。』

都議選、自民が第1党 自公で過半数には届かず

都議選、自民が第1党 自公で過半数には届かず
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC015EY0R00C21A7000000/

『任期満了に伴う東京都議選(定数127)が4日、投開票された。自民党が議席を伸ばし、第1党となった。小池百合子知事が特別顧問の地域政党「都民ファーストの会」は後退し、自民と議席数が拮抗。自民、公明両党は過半数に届かなかった。共産党、立憲民主党は堅調だった。

42選挙区に271人が立候補した。無投票となった小平市を除く41選挙区で投票が行われた。投票率は42.39%と2017年の前回に比べて8.89ポイント下がり、過去2番目に低かった。

自民は前回敗れた中央区などで議席を獲得した。現有25議席を上回ったが、上積みは小幅にとどまった。自民と選挙協力した公明は現有議席と同じ23人を擁立し、全員が当選した。

都民フは議席を減らしたが、自民に拮抗する勢力を確保した格好だ。当初は現有議席を大幅に割り込むとの見方もあったが、選挙戦の最終盤に小池氏が一部選挙区の応援に入るなどてこ入れの効果が出た。』

『共産党は現有の18から議席数を伸ばした。立憲民主党は中野区や武蔵野市などで勝利し、現有7議席から上積みして2ケタに乗せた。地域政党の東京・生活者ネットワーク、日本維新の会も議席を獲得した。

国民民主党、れいわ新選組、嵐の党は議席を獲得できなかった。

都議選の結果は直後の国政選挙に大きく影響した例もあり、今秋に想定される衆院選の前哨戦としても注目を集めた。各党とも幹部が選挙区の応援に入るなど、国政選挙並みの態勢で臨んだ。

選挙戦ではワクチン接種の加速をはじめとする新型コロナウイルス対策のほか、苦境が続く事業者への支援、東京五輪・パラリンピックへの対応が主な争点となった。

期日前に投票したのは142万5192人。17年の前回に比べて5%増加し、過去最多を更新した。コロナ禍で投票所の「密」を懸念し、早めに投票した有権者も多かったとみられる。

東京都選挙管理委員会によると、6月24日時点の選挙人名簿登録者数は1151万3990人だった。』

「やや強い雨」蓄積、熱海土石流の原因か

「やや強い雨」蓄積、熱海土石流の原因か
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE0414M0U1A700C2000000/

『静岡県熱海市では土石流発生までの3日間、「やや強い雨」が断続的に降り続いた。長引く降雨が蓄積され、地盤の緩みにつながった可能性が高いが、自治体や住民の危機意識が高まることはなかった。全国には土砂災害警戒区域が約66万カ所ある。5日にかけて日本海側中心に大雨となる可能性があり、強い警戒が求められる。』

『山口大の山本晴彦教授(環境防災学)は熱海に降った雨について「短時間に激しい雨が降るのではなく、ダラダラと長く降った点が特徴。今回のような降り方は避難の判断が難しい」と語る。市は土石流発生前に避難指示を出しておらず、斉藤栄市長は3日「(発生前の)2日の段階で降水量がピークを越えると見込んでいた」と釈明した。

梅雨前線の影響で熱海市では1~3日にかけて雨脚が強まった。だが2日までの降水量は1時間あたり10ミリ以上20ミリ未満にとどまり、気象庁が警戒を呼びかける際に使う雨の表現で最も低い「やや強い雨」に分類される状況が続いた。

土石流が起きた3日午前10時には1時間あたり27ミリに上昇したが、より強い「激しい雨」(30ミリ以上50ミリ未満)や最も警戒度が高い「猛烈な雨」(80ミリ以上)には達しなかった。

近年大規模災害をもたらす集中豪雨は、同じ地域に大雨が降り続く「線状降水帯」が原因となることが多い。2020年7月豪雨では熊本県球磨村で1時間あたり30~70ミリ超の雨が観測され「滝のような雨」が降った。だが京都大防災研究所の矢守克也教授(防災心理学)は「災害に至る雨の降り方は多様で集中豪雨だけではない」と指摘する。

土石流が起きた地域は斜面の開発が進み、住宅や別荘が立ち並ぶ一方で、周辺の土地は火山灰や溶岩で構成され、水を含みやすく崩れやすいとされてきた。土砂災害警戒区域に指定されており、市はハザードマップなどで危険を周知していた。

気象庁によると、5日以降も日本列島に前線が停滞し、日本海側を中心に大雨となる可能性がある。矢守教授は、災害リスクのある地域では「降り始めからの雨量を確認するなどの備えが大切だ」と話している。』

熱海土石流は森林伐採し設置したソーラーパネルが原因か?

remmikkiのブログ : 熱海土石流は森林伐採し設置したソーラーパネルが原因か?
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5806967.html

『静岡県熱海市の伊豆山地区で3日に発生した土石流はすさまじいものだ。
この土石流が上流に設置した太陽光パネル、メガソーラー造成によるものだという指摘がされている。
ところがNHKはそのメガソーラーの画像を隠して放映しているというではないか。』

『このなんとも解せないダブルスタンダードとも言える行為は

・「地域住民の安全を第一に考える」
・「メガソーラー事業とその事業者の利益を優先する」

という二者択一で後者を選んだのです。

そしてこの事業を請け負ったのが韓国系企業である以下の会社です。
・ハンファエナジージャパン
・SUNホールディングス

「ハンファエナジージャパン」は伊豆メガソーラーパーク合同会社(代表社員 ハンファエナジージャパン)として、伊豆高原に大規模太陽光発電施設を建設する計画を打ち出しました。

またハンファエナジージャパンと同じ伊豆高原の山で違法な森林伐採や、稼働しているメガソーラーパネルの飛散事故などが問題となったのがSUN-K合同会社(SUNホールディングス)です。

韓国系企業のメガソーラー計画は許可し、日本企業が計画する函南町のメガソーラーについては反対していました。

川勝平太県知事は静岡県民や日本の国益を考えている政治家なのか?と疑いたくなりますね。

長文です、以下上記サイトへ。

韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」の朴聖龍代表
20210413-00010001-jisin-000-13-view

韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(代表:朴聖龍=パク・ソンヨン)が静岡県伊豆の伊東市で東京ドーム10個分の森林を伐採し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」の建設を計画!

20180904112903033_20210704081247409

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

大雨の影響で山間部で土石流が発生し、市街地(写真左奥)の家屋などが広範囲に被害を受けた=2021年7月3日午後5時23分、静岡県熱海市、朝日新聞社ヘリから、池田良撮影

AS20210703002090_comm

E5XuUSCUYAIzEmp

熱海市の土砂崩れ現場、オレンジ色の建物(酒屋)を目印に上流を見たらやっぱ森切り開いてメガソーラー造ってたわ pic.twitter.com/tAT6KOFbsV
— ラインボーテ (@lrt_kyuu) July 3, 2021

202107040828368fa

即刻、韓国企業による伊豆高原の森林伐採(メガソーラー設置)をやめさせ、今後は太陽光発電のための森林伐採を禁止にすべき!』

盛り土崩れ大規模化か 発生源付近、県検証へ

盛り土崩れ大規模化か 発生源付近、県検証へ
https://www.chunichi.co.jp/article/284887

『静岡県は四日、熱海市伊豆山地区で発生した土石流災害について、土石流の発生源付近に置かれていた盛り土が崩れて大規模化したとの見方を示した。盛り土は開発行為によるものとみられ、土石流の推定総量約十万立方メートルの半分がこの盛り土だったとみている。県は土石流発生の原因は特定していないが、川勝平太知事は同日の臨時会見で「(盛り土の)目的や工法を検証する決意だ」と述べた。

 土石流の概要も判明。海岸から約二キロにある逢初川最上流部の地点(標高約三九〇メートル)から流下した。被災した市街地の範囲は約一キロ、最大幅約百二十メートルにわたり、流された建物は少なくとも約百三十棟に上る。

 県によると、盛り土は東西約六十メートル、南北約二百メートルで、最大十五メートルほどの高さで盛られていた。約十年前の国の測量データを基にした分析で、伊豆山地区の急斜面約一ヘクタールに約五・四万立方メートルあったとみている。県は盛り土を置いた者や、業者の許認可手続きについて現時点で把握していない。

 盛り土がされる前は一帯の地形は谷型で、水の通り道になっていた。断続的に降った雨が染み込み、盛り土が崩れやすくなっていた可能性が高いという。

 盛り土は一部を残し、ほとんどが崩落。土砂が下るにつれて勢いを増し、被害を甚大化したと推定している。

 川勝知事は、盛り土の数百メートル西にある大規模太陽光発電所(メガソーラー)にも言及。四日午後のオンラインでの全国知事会で「(土石流は)長期間の大雨が直接の要因で、(メガソーラーの)開発行為との因果関係は不明確だが検証の必要がある」と発言した。会議後、報道陣に「(これらの開発行為が)土砂災害につながる恐れもある。防災の専門家の意見を踏まえ、国を挙げて対応強化に取り組むべきだ」と述べた。 (牧野新)』