「US military shifts Army basing from Qatar to Jordan in move that could provide leverage against Iran」

「US military shifts Army basing from Qatar to Jordan in move that could provide leverage against Iran」
https://st2019.site/?p=17081

 ※ 米国の「世界戦略」の一端が、語られている…。

 ※ 「在日米軍」なんてものも、その一環に過ぎんのだ…。

 ※ 日本国の「安全保障」は、そういうものを「変数」として、分析・解析の後、慎重に戦略決定して行くべきものだ…。

 ※ 事態の「急変」「変更」にも対応できるよう、ある程度の「幅」を持たせてな…。


『米陸軍はカタール内の3箇所に、自軍用の弾薬デポやスポーツレジャー施設(兵隊に4日の休暇をそこでとらせる。2002~2011)などを維持していたのだが、それらを6月をもって閉鎖し、ヨルダンに移転させた。
 背景の理由。来たるイランとの戦争を考えたとき、カタールでは近すぎてよくないから。
 イランは地対地ミサイルを充実させているので。

 アフガニスタンに米軍が進駐していた間は、そこから距離の近いカタールには中継拠点の意味があった。しかしアフガンからはもう撤収する。

 これと前後して、米陸軍は、中東から8個のペトリ大隊も引き揚げる。それらは、イラク、クウェート、ヨルダン、サウジに展開させていたのだが、対中共の戦争のために転用する。

 ただし、セントコムの航空部隊は、カタールのアルウデイド航空基地を、引き続き、使用する。』

 「What’s next for the Afghan air force? Learning to fix aircraft via Zoom」
https://st2019.site/?p=17078

 『アフガニスタン政府軍の空軍の地上整備兵たち。2ヶ月前からリモート会議設備を使って、壊れた飛行機の修理法を学ばされている。
 従来の米民間人の契約整備士がいなくなってしまうため、その穴埋めが必要なのだ。

 アフガニスタン政府の一団が先週、DCを訪れ、この件についても相談した。米人整備士は、9月までは残るという。

 もし地上整備体制が崩壊すると、アフガン空軍は、3ヵ月くらいで機能停止するしかない。

 アフガン空軍の現勢は、固定翼と回転翼とあわせて160機以上。今もコンスタントに「被撃墜」が発生しており、過去4ヵ月では4機が撃墜された。

 ホワイトハウスでガニ首相らと会ったバイデンは、今後もアフガン政府軍に資金応援をすると約束。
 たとえばブラックホークUH-60を追加で45機、スーパーツカノA-29も追加で7機、すみやかにプレゼントするという。※コンバットキャラバンに言及がない点を注目したい。

 また、米軍が撤収してしまったあとも、カブール郊外で米人民間整備士は何人か、仕事を続けるという。

 アフガン国内のメディアによると、どうも最低200人くらいの米人整備係が残ってくれないと、どうしようもないみたいだ。

 国防総省高官も議会で4月に証言している。A-29とMD-530のメンテナンスには米人契約整備士が不可欠であると。アフガニスタン政府軍の特殊部隊が頼みにしているCAS機は、この2機種。したがってこの2機種が飛ばなくなれば、タリバンに対する政府軍からの攻勢作戦は一気に低潮化する。』

 ※ こういう話しも、ある…。