「Windows 11」の動作要件

新しめのPCでも動かない可能性が? 「Windows 11」の動作要件を改めてチェック!
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2106/25/news124.html

 ※ 特に、ココ( TPM(セキュリティモジュール) )は気を付けよう…。

 ※ オレの旧機改では、「TPP」とかいう設定項目になっていた…。

 ※ 久々で、BIOS(UEFI…)をチェックしたら、「OFF」にしてあった…。

 ※ ちょっと、「意味わからん…。」だったんで、触らないでおいた…。

 ※ この記事読んで、「ON」にした…。

 ※ 若干、ネットの各記事の表示が、遅くなったような気がする…。

 ※ 一々、介入しているんだろう…。

 ※ 久々で、3DMarkをブン回して、チェックしてみた…。

 ※ まあ、正常動作しているようだ…。

『TPM(セキュリティモジュール)
 Windows 11では、「TPM 2.0」に準拠するTPM(セキュリティチップ)の搭載が必須となる。

 Windows 10ではTPMの利用はオプションだが、2016年7月28日以降に出荷されるプリインストール機ではTPM 2.0の搭載が原則として必須となっている。そのため、比較的最近のPC/タブレットは要件を満たしているものと思われる。

 ただし、実際にはTPM 2.0に対応しているPC/タブレットでも、出荷時に無効化されていたり、プリインストールOSの都合で出荷時に「TPM 1.2互換」の設定がなされていたりするケースもある。

 出荷時に無効とされている場合は、PC/タブレットのUEFI設定から有効化すれば利用できるようになる。TPM 1.2互換モードで稼働している場合は、UEFI設定からバージョンを切り替えるか、ファームウェアをTPM 2.0用に書き換える必要がある。自作PCで用いるマザーボードの場合、TPM 2.0チップを搭載していなくても後から購入して追加できるケースもある。詳しくは、PC/タブレットやマザーボードのメーカーのサポートサイトを参照するか、サポートに問い合わせてほしい。

 なお、TPMチップの有無やチップが準拠しているバージョンは「Windowsセキュリティ」を使って調べられる。スタートメニューで「セキュリティ プロセッサ」を検索して実行してみよう。』

Windows セキュリティでのデバイス保護
https://support.microsoft.com/en-us/windows/device-protection-in-windows-security-afa11526-de57-b1c5-599f-3a4c6a61c5e2#securityprocessor

『Windows セキュリティには、悪意のあるソフトウェア攻撃からデバイスを保護するために、次の組み込みのセキュリティ オプションが用意されています。

以下に説明する機能にアクセスするには、タスク バーの検索ボックスに「 windows security」と入力し、結果から選択して、[デバイス セキュリティ] を選択します。』