バイデンは、米国を「助けた」アフガニスタン人の避難を計画

バイデンは、米国を「助けた」アフガニスタン人の避難を計画
米国で働いた約18,000人のアフガニスタン人が特別ビザを申請しました。
https://www.aljazeera.com/news/2021/6/24/biden-plans-evacuation-of-afghans-who-helped-the-us

『(Google翻訳文)

バイデン政権は、今後数ヶ月でアフガニスタンからの軍事撤退の完了に近づくにつれて、米国のために働いていた何千人ものアフガニスタン人を避難させる準備をしていると、米国当局が木曜日に言いました。

「私たちを助けてくれた人々は取り残されるつもりはありません」と、ジョー・バイデン大統領はホワイトハウスでメディア会議を去った記者の質問に答えて言いました。

読み続ける
グアムに米軍を助けたアフガニスタン人を避難させる呼びかけが高まる
説明者:ガーニが米国を訪問する際にアフガニスタンを表す場所
タリバン、アフガニスタンの主要なタジキスタン国境交差点を占領

カルザイ元大統領は、米国はアフガニスタンで失敗したと言います
アフガニスタン北部でのタリバンの進歩に対する懸念が高まる中、金曜日にホワイトハウスでアフガニスタンのアシュラフ・ガーニ議長とアブドラ・アブドゥッラー国家評議会議長に会うバイデンは、「彼ら(翻訳者)は、私たちを助けるために命を危険にさらした他の誰かと同じように、ここで歓迎されるだろう」と語った。

バイデンは、アフガニスタンからの米軍と北大西洋条約機構(NATO)軍の完全撤退のための9月の期限を設定し、撤退は「ペース上」であると、国防総省のスポークスマンジョン・カービーは木曜日に言いました。

米軍は、多数のアフガニスタンの通訳者と翻訳者とその家族をアフガニスタンから米国に空輸する計画に「しばらくの間」取り組んでいる、とカービーは国防総省のメディア会議で記者団に語った。

「我々はまだ計画段階にある」と、航空輸送、住宅、医療を提供し、アフガニスタンの避難者とその家族に餌を与えるために機関間の努力の努力は、国防総省のスポークスマンが言いました。

「我々は、それがどのように見えるかを正確に通して私たちの方法を働いています」と、カービィは、何人が避難するかは明言を避けた。

ベトナム戦争後に一時的に難民を収容するために使用された太平洋の米国の島グアムにアフガニスタン人を移転する潜在的な計画を含む行動を求める声が議会で高まっている。

米国で通訳として働いた18,000人ものアフガニスタン人、戦争中の運転手や事務員が米国に入国するための特別なビザを申請しました。家族を加えることは、アフガニスタンを離れようとする数を70,000人に増やすことができます。

ビデオを再生
待ち時間はすでに最大3年かかる可能性があり、カブールの米国大使館での申請の処理は、COVID-19の悪化のために失速しています。

「わたしたちには神聖な義務があり,わたしたちを助けてくれた人々を助けるために,ここでこの言葉を軽々しく使いません」とカービィは言います。

タリバンは今月初めの声明の中で、アフガニスタンで外国軍のために働いていた人々は「反省」を示し、国外に逃れるべきではない限り、安全に保たれると述べた。

ガーニとアブドラは木曜日に議事堂の丘で米国議会指導者と会談し、ホワイトハウスでバイデンとの会談の前に金曜日に国防総省でロイド・オースティン国防長官と会談する予定です。

「彼らの訪問は、米軍のドローダウンが続く中で、両国間のパートナーシップを強調するだろう」とカービーは言った。

オースティンは「アフガニスタンの人々に対する米国の永続的なコミットメントと、アフガニスタンが二度と米国の祖国に脅威を与えるテロ集団の安全な避難所にならないようにするという部門の目標を強調する」とカービーは述べた。

米国は2001年、ニューヨーク市の世界貿易センターの塔とバージニア州アーリントンのペンタゴンに対するアルカイダ攻撃の後、アフガニスタンに侵攻した。

出典:アルジャジーラ 』

中国高官亡命の噂、米当局者が否定

中国高官亡命の噂、米当局者が否定=報道
https://www.epochtimes.jp/p/2021/06/75084.html

『ニュースサイト「SpyTalk」23日付によると、米当局者は、中国の情報機関である国家安全部(省)の董経緯副部長(次官級)が米国に亡命したとの報道に関して、「正確ではない」との認識を示した。

SpyTalkは、当局者はこの敏感な話題に関して匿名を希望したと報じた。

同ニュースサイトは、董氏が2月に香港経由で娘とともに米国に亡命したとの情報をめぐって、先週国務省にコメントを求めていた。しかし、国務省から返答はなかった。

この匿名の米当局者は22日、董経緯氏をめぐる報道は事実ではないとした。しかし、「これ以上詳しく説明するのを拒否した」という。同時に、当局者は董氏が今も中国国内にいると示唆した。

SpyTalkは当局者に「バイデン政権が、中国高官が米国に亡命したという噂をわざわざ否定する理由は何か」と尋ねた。当局者は「これはより政策的な問題である」と述べ、ホワイトハウスの報道官に質問するようにと返答した。

SpyTalkによると、国家安全保障会議(NSC)の報道官からコメントを得られなかった。

国防総省や中央情報局(CIA)などで勤務した中国問題専門家、ニコラス・エフティミアデス(Nicholas Efimiades)氏は、当局者の発言について、董氏をめぐって、バイデン政権の上層部は対応を調整した可能性が高いとの見解を示した。

米中関係に詳しい他の専門家は、バイデン政権が高い機密性を有するこの問題について態度を示した動機は2つあるとした。1つ目は、米中関係が悪化している中で、さらなる悪化を招く不必要な要因を取り除くことだ。

2つ目は、パンデミックの責任をトランプ氏から中国の武漢ウイルス研究所、ひいては米国立感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長に転嫁しようとする共和党の主張を打ち消すことだ。

民主党政権は、トランプ前大統領が米国で中共ウイルス(新型コロナウイルス)を流行させた責任を取るべきだと主張している。

もう一人の専門家も同様な見方を示した。バイデン政権は、「実験室漏えいの情報などを持つ反逆者を匿った」という共和党側の非難を回避したい思惑があると指摘。

(翻訳編集・張哲)』

英国加え、米豪と上陸訓練 陸自は離島防衛部隊が参加

英国加え、米豪と上陸訓練 陸自は離島防衛部隊が参加
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA24D5G0U1A620C2000000/

『陸上自衛隊は24日、離島防衛専門部隊「水陸機動団」(長崎県佐世保市)がオーストラリア陸軍、米海兵隊、英国海兵隊と水陸両用作戦の共同訓練「タリスマン・セイバー」を実施すると発表した。これまで参加国が日米豪3カ国だった訓練に初めて英国が加わる。太平洋周辺で英国との連携をアピールし、海洋進出を強める中国をけん制する狙いとみられる。

英国は今年、最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を中核とする打撃群をインド太平洋に派遣。今回の訓練参加もこの地域での存在感の向上を図る動きと言えそうだ。

陸自によると、訓練場所はオーストラリア・クイーンズランド州の演習場などで、水陸機動団は25日から8月7日の日程で参加。オーストラリアの艦艇を活用し、各国部隊が水陸両用作戦を展開する。〔共同〕』

新型護衛艦「のしろ」進水式

新型護衛艦「のしろ」進水式
https://www.yomiuri.co.jp/local/nagasaki/news/20210622-OYTNT50135/

『海上自衛隊の新型護衛艦「のしろ」(基準排水量3900トン)の命名・進水式が22日、長崎市飽の浦町の三菱重工業長崎造船所本工場で開かれた=写真=。内装などの工事を行い、2022年度に防衛省に引き渡される予定。

 昨年11月に進水した「くまの」、今年3月に進水した「もがみ」と同型艦で、全長約133メートル、幅約16メートル。総工費は、12月に進水予定の4番艦と合わせて約951億円。護衛艦だが、掃海艦艇が担ってきた機雷除去機能を持つなど、多様な任務への活用が可能という。』

海上自衛隊の新型3900トン「もがみ型」護衛艦3番艦「のしろ」が進水――艦名は能代川に由来
https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashikosuke/20210622-00244231/

『海上自衛隊の新型3900トン型護衛艦(FFM)である「もがみ型」3番艦の命名・進水式が6月22日、三菱重工業長崎造船所(長崎市)で行われた。「のしろ」と名付けられた。同造船所での海上自衛隊艦艇の進水式は今年3月の「もがみ」以来。

海上幕僚監部広報室によると、艦名は秋田県を流れる「能代川」に由来する。能代川では、古くから舟運(しゅううん)が盛んであり、地域の人々の暮らしを支えてきた。艦名は海上自衛隊内での募集検討を経て、岸信夫防衛相が決定した。

この名を受け継いだ日本の艦艇としては、旧海軍の阿賀野型軽巡洋艦2番艦「能代」、海自のちくご型護衛艦11番艦「のしろ」(2003年除籍)に続き、3代目となる。

防衛省・海上自衛隊では、FFMを年2隻建造するペースで調達を進めている。主事業会社である三菱重工業長崎造船所と下請負者の三井E&S造船玉野艦船工場でそれぞれ1番艦「もがみ」と2番艦「くまの」を建造してきた。また、2021(令和3)年度予算では7番艦と8番艦の建造費として944億円が確保された。なお、三菱重工業と三井E&Sホールディングスは今年3月末、防衛省向け護衛艦や官公庁船などをつくる艦艇事業について、三菱重工業側が買いとることで最終合意したと発表した。

「もがみ」は今年3月、「くまの」は昨年11月にそれぞれ進水した。新型1番艦でネームシップとなる「もがみ」の命名・進水式は当初、2番艦「くまの」と同時期の昨年11月に行う予定だった。しかし、「もがみ」は主機関であるガスタービン機関の作動試験中の故障でガスタービンエンジンの納期に遅れが生じ、命名・進水式は後ろ倒しになっていた。「もがみ」も「くまの」も2022年3月に海上自衛隊に引き渡され、就役する予定。一方、3番艦「のしろ」は今後、内装工事や性能試験を実施し、2022年度中に海自に引き渡される予定。

●ステルス護衛艦
「のしろ」は「もがみ」「くまの」同様、多様な任務への対応能力を向上させた新型護衛艦(FFM=多機能護衛艦)となる。海上幕僚監部広報室によると、FFMは日本周辺で増大する平時の警戒監視活動のほか、有事には対潜戦、対空戦、対水上戦などにも活用できる。さらには、従来は掃海艦艇が担っていた対機雷戦機能も備える。東シナ海や日本海などで警戒監視活動に当たる予定で、海賊対処活動など海外派遣任務も期待されている。

FFMは対艦ミサイルなどに探知されにくいステルス性の形状を備え、魚雷発射管やミサイルなどの電波を受けやすい機器を艦内に格納する。船体もロービジビリティ(低視認性)を重視した灰色と化しており、「ステルス護衛艦」とも称されている。

海上自衛隊のもがみ型護衛艦3番艦「のしろ」(三菱重工業提供)
●海自の人員不足を踏まえて省人化
FFMは基準排水量3900トン、全長133メートル、全幅16.3メートルで、船体がコンパクト化されている。海自の人員不足を踏まえた省人化と船価を抑えて実現した初の護衛艦となった。なお、参考情報だが、同じ三菱重工業長崎造船所で建造された海上保安庁保有の最大級の新型ヘリコプター搭載型巡視船「れいめい」は総トン数6500トン、全長150メートル、最大幅17メートルに及んでいる。一方、同造船所で建造された海自のあさひ型護衛艦「しらぬい」は基準排水量5100トン、全長151メートル、最大幅18.3メートルとなっており、FFMの船体がいかにコンパクト化されているかがよくわかる。

海上幕僚監部広報室によると、FFMの速力は約30ノット。ガスタービンエンジンはイギリスのロールス・ロイス社から川崎重工業がライセンスを得て製造したMT30を1基搭載する。ディーゼルエンジンは2基を搭載し、ドイツのMAN社製の12V28/33D STCとなっている。軸出力は7万馬力。

主要装備品としては、62口径5インチ砲を1基、近接防空用艦対空ミサイルであるRAMブロックIIA(RIM-116C)ミサイルのSeaRAMを1基、垂直発射装置(VLS)を1基、艦対艦ミサイル(SSM)装置を左右両舷に1式、対潜システムを1式、対機雷戦システムを1式、無人水中航走体(UUV)を1機、無人水上航走体(USV)を1艇それぞれ搭載する。VLSとUSVは後日装備となる。

海上幕僚監部広報室によると、「もがみ型」の乗組員は「あさひ型」といった通常型の汎用護衛艦の半分程度の約90人。建造費も令和元年度予算で3番艦と4番艦合わせて951億円と、1隻当たりでは700億円を超える「あさひ型」の3分の2程度にとどまっている。なお、乗組員約90人のうち、約10人は女性自衛官になる予定。

岸防衛相は昨年11月の記者会見で、FFMについて複数クルーでの交代勤務の導入などによって稼働日数を増やす方針を明らかにした。

海幕広報室によると、2018年12月に閣議決定された2019年度から23年度の「中期防衛力整備計画」(中期防)に基づき、10隻の3900トン型FFMを建造する。将来的にはFFMを合計で22隻建造する計画となっている。

防衛省は護衛艦54隻、潜水艦22隻体制を目指している。現有の隻数は2020年3月末時点で、護衛艦48隻、潜水艦20隻となっている。』

エチオピア北部で空爆

エチオピア北部で空爆
80人以上死亡の情報
https://nordot.app/780441032293023744?c=39546741839462401

『【アディスアベバ共同】AP通信などは23日、エチオピア北部ティグレ州の町にある市場が22日に空爆を受け、多数が死亡したと報じた。80人以上が犠牲になったとの証言もあるという。医療従事者や目撃者らからの情報としている。

 ティグレ州では昨年11月、州を統治していたティグレ人民解放戦線(TPLF)がアビー首相率いる連邦政府に反目し武力衝突に発展。連邦政府側が州都メケレを制圧したものの、紛争状態となっている。人道危機が深刻化しており、国連は約35万人が飢餓状態にあると分析している。』