バイデン氏「米最長の戦争終結を」 アフガン撤収表明

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN14EKU0U1A410C2000000/

『【ワシントン=中村亮】バイデン米大統領は14日の演説で「米史上最長の戦争を終える時だ」と語り、アフガニスタン駐留米軍を9月までに撤収させると表明した。中国に触れて「我々は厳しい競争に対処するため米国の競争力(の向上)を支援すべきだ」と強調し、安全保障政策の重点をテロとの戦いから中国対応へ移す姿勢を鮮明にした。

バイデン氏はホワイトハウスで行った演説で、2001年9月11日の米同時テロをきっかけに始まったアフガン戦争の目的について「アフガンを拠点とした米本土攻撃が再び起こらないようにすることだった」と指摘。米軍が国際テロ組織アルカイダのウサマ・ビンラディン容疑者を11年に殺害したことをあげて「我々は目的を達成した」と断言した。

【関連記事】
NATOもアフガンから撤収、米に歩調 5月までに開始
アフガン大統領、米軍撤退「決定を尊重」
混迷続くアフガン、情勢安定なお遠く

米のアフガン撤収決断 世論の派兵消極論が後押し

オバマ政権は現地の治安悪化を理由に撤収計画を断念したが、バイデン氏は無条件で撤収を進める考えを示した。「どんな状態になれば撤収して良いのか。その状態になる手段とはどんなもので、何年かかるのか。こうした問いに良い回答は聞かない。答えられないのであれば駐留を続けるべきではない」と語った。

テロ組織はシリアやイエメンなどにも活動拠点を広げているとの認識も示し、アフガンに部隊を重点配置するのは適切ではないと説明した。

バイデン氏は「20年前に戦争を始めた理由が21年に駐留を続ける理由にはならない」とも指摘。「我々はいま直面する課題に対処する必要がある」と訴え、具体的には中国への対抗などをあげた。サイバーやハイテク技術の分野に触れて「同盟国との関係を強化し、志をともにする友好国と協力していく」と強調した。』