三菱UFJ証券、330億円損失見込み 米顧客取引で

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGD3088X0Q1A330C2000000/

『三菱UFJ証券ホールディングス(HD)は30日、米国の顧客との取引に関連して多額の損失が生じる可能性があると発表した。同社の欧州子会社において損失が発生する見込みで、29日時点の見込み額は3億ドル(約330億円)としている。野村ホールディングスやスイス金融大手のクレディ・スイス・グループと同様に、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントに関連しているとみられる。

米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントに絡むとみられる損失への懸念が世界の金融機関に広がっている。野村HDは29日、米顧客との取引に関連して約20億ドル(約2200億円)の損失が生じる可能性があると発表した。クレディ・スイスも同日、巨額の損失計上の可能性を発表している。

三菱UFJ証券HDは連結業績に与える影響を精査中で、損失金額は市場価格の変動等により今後増減する可能性があるという。なお海外子会社については、3カ月の期ずれで連結決算上は処理されるため「今回の損失の連結決算への影響は、来期(2022年3月期)以降になる」(同社)という。

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

小平龍四郎のアバター
小平龍四郎
日本経済新聞社 編集委員
コメントメニュー

別の視点 LTCM並みの破綻劇を懸念する声があるにもかかわらず、金融市場は全体として大きな波乱は今のところありません。個別の金融機関に少なからず損失はでるものの、その連鎖が止まらないシステミックリスクには至らないと、市場関係者は見ているのではないでしょうか?リーマン危機後に巨大銀行に分厚い資本を積ませた規制が効力を発揮していると見ることもできます。

もちろん過信は禁物であって、「ならばもっとリスクの高い取引を」となってはまずいですね。個別金融機関のリスク管理は厳しく問われるべきです。ワンショットで年間の純利益の過半が吹っ飛ぶほどのリスクテークは、やはり、尋常ではありません。

2021年3月30日 18:46いいね
51

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

春割で申し込む
https://www.nikkei.com/promotion/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM11C1B011032021000000&n_cid=DSPRM1AR08_promo

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login