スエズ運河の通航再開 現地当局、渋滞解消には「3日半」

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR29C6T0Z20C21A3000000/

『【イスマイリア(エジプト北部)=久門武史】エジプトのスエズ運河で座礁した大型コンテナ船「エバーギブン」の離礁が成功し、29日夕(日本時間30日未明)に運河の通航が再開した。23日朝の座礁から6日あまりを経て、アジアと欧州を最短距離で結ぶ海運の大動脈が正常化に向かう。

スエズ運河庁のラビア長官が29日夜、同庁の所在地イスマイリアで記者会見を開き、運航再開を発表した。運河内や両端で足止めされた船は計422隻にのぼるとし、通過し終えるのに3日から3日半かかるとの見通しを示した。通航が再開した29日午後6時から30日午前8時までに113隻を通過させるとした。

【関連記事】
スエズ座礁事故が示す世界物流のリスク
スエズ座礁船「離礁に成功」、運河庁 「通航再開を宣言」

運河再開後、記者会見に臨むスエズ運河庁のラビア長官(29日夜、イスマイリア)

ただ渋滞の解消がスムーズに進むかは不透明で、混乱の収束に時間がかかるとの見方は強い。コンテナ船世界最大手のAPモラー・マースク(デンマーク)は29日の顧客向け通知で、6日以上かかる可能性を指摘した。

一方、ラビア氏は6日あまりに及んだ運河遮断によるスエズ運河の損失が1日あたり1500万ドル(約16.5億円)になるとの試算を示した。「この事故に関わった当事者が負担する」と述べた。

運河庁は28日の満月で満潮時の水位が特に上がる大潮の機を利用し、タグボートで座礁していた船を動かした。29日未明にまず船尾を岸から102メートル離し、午後に船首を離礁させて船体を再浮上させた。エバーギブンは運河の中間にあるグレートビター湖に移動済みで、ここで損傷状態などを点検する。

29日、完全に浮上したコンテナ船「エバーギブン」(スエズ運河)=ロイター

この記事の英文をNikkei Asiaで読む
Nikkei Asia

スエズ運河は国際海運の要で、日本などアジアと欧州を結ぶ主要な航路になっている。スエズ運河庁によると19年の通航貨物量は10億3119万トンにのぼる。日本を含む極東を目的地とする貨物量は19年に約1億3000万トンと、5年前から倍増した。重量ベースではコンテナが5割近くを占め、原油関連なども多い。これまで運航再開時期が不透明で、供給網(サプライチェーン)寸断の懸念が高まっていた。
多様な観点からニュースを考える

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

池内恵のアバター
池内恵
東京大学先端科学技術研究センター 教授
コメントメニュー

ひとこと解説

ハラハラしましたがとにかく一件落着。中東諸国はチョークポイントなど地政学的重要性をいわば「資源」として政権を運営しています。

2021年3月30日 8:35

滝田洋一のアバター
滝田洋一
日本経済新聞社 編集委員
コメントメニュー

分析・考察

チョークポイント(海の要衝)としてのスエズ運河の年間通行数は2万隻。パナマ運河は同じく1.4万隻。それに対して日本への原油などの輸送路であるマラッカ海峡は年間12隻です。マラッカ海峡は中国が海の縄張りを主張する九段線のお隣です。それと中東から日本に運ばれる原油の8割が通るホルムズ海峡はタンカーが年間5000隻通過します。
海の安全は掛け声だけでは実現しません。海洋における法の支配や航行の自由を基本とする、米国などの友好国と足並みをそろえて、安全保障の体勢を強化することが何より肝心です。

2021年3月30日 10:17

小平龍四郎のアバター
小平龍四郎
日本経済新聞社 編集委員
コメントメニュー

別の視点

記事には「6日あまりに及んだ運河遮断によるスエズ運河の損失が1日あたり1500万ドル(約16.5億円)になる」との紹介があります。企業などのもとに荷物が予定通り届かないことの間接的な機会損失を含めれば、さらに大きな金額になるでしょう。エジプト一国が管理する運河が世界経済の中で果たしている役割の大きさを、コンテナ船座礁は知らしめました。今後は安全運航に向けた対策が必要とされます。テロ対策などの議論も欠かせないでしょうね。

2021年3月30日 8:04 』