〔電気自動車の現状…。〕

誰もが電気自動車は未来だと言っているが、ディーラーは売る方法を心配している
(原題 「人人都说电动汽车是未来,但是经销商发愁怎么卖出去」)
https://www.163.com/dy/article/G4HKGERO0534IP97.html

 ※ 『電池をカートリッジ式にしろってばよ
ボンネット開けて電池交換、バタンと閉めて出発
給油するより早いわ』

 ※ こういうことを、言っている人がいる…。

 ※ 全く、分かっていない…。

 ※ 大体、テスラの「バッテリー」は、シャシーに組み込んであるから、取り外しは「不可能」だ…。しかも、「発熱対策」で、「水冷式」にしてある…。

 ※ その他の、EVのバッテリーも、シートの下に仕込んである…。交換するには、シートを取り外す必要がある…。

 ※ そういうこと、全然知らないで、言っているんだね…。

 ※ 全部が全部、「アシスト式自転車」みたいになっていると、思ってはいかんよ…。ボンネット開けたって、EVの場合、駆動部分の「バッテリー」なんて、出てこない…。

※ 実は、「テスラのバッテリー」は、画像を検索しても、あまり出てこない…。

※ 前は、上記のような「シャシーをぶっ壊した画像」くらいしか、無かった…。

※ それでも、最近は、こういう画像が出てくるようになった…。

※ 例の、乾電池でよく見かける、円筒形の「充電できる電池」だ…。どうやら、それを縦にして、並べたもののようだ…。

※ 「水冷システムの概念図」だ…。やはり、発熱が凄いらしい…。

『(中国語。Google翻訳文)

ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、電気自動車はアメリカの自動車産業の未来だと誰もが言っているが、ディーラーがそれらを販売する方法を考え出す場合にのみ。

自動車ディーラーのブラッド・ソーヤーズは、ゼネラル・モーターズ(GM)の今後の電気自動車の波に備えるにお金を費やしている。 彼はセントルイスのディーラーに充電ステーションを設置し、サービスコンパートメントをアップグレードし、技術的に異なる車について従業員を再訓練しています。

しかし、彼は昨年、実際に電気シボレーボルトの販売を考えると、少し躊躇し始めた – 全部で9とすべてのシボレーは4000を販売した。 電気自動車への移行については、「米国中部の消費者は、まだそのレベルに達していない」と彼は言った。 その理由は、彼のクライアントの多くは、毎日長い道のりを運転し、大都市の外に充電設備が不足している。

自動車業界の幹部や投資家が電気自動車の時代について語る中、多くのディーラーは、この熱意を現在の新車販売の現実に合わせるためには、まだ多くの努力が必要であると述べた。 昨年、バッテリー駆動車は米国の自動車販売の2%未満を占めた。

ディーラーや業界アナリストは、ほとんどの消費者は電気自動車を購入していないし、ガソリン価格が比較的低いため、ハイブリッド車でさえ販売が難しいかもしれない、と語る。

自動車メーカーは、電気自動車の供給拡大に積極的に取り組み、今後数年間で数十台の新モデルが投入される予定である。 ゼネラル・モーターズ(GM)などの企業は、燃料車を完全に廃止する明確な目標を設定している。

多くのディーラーは、彼らが微妙な状況に感じ始め、彼らは人々が時代と呼ぶものに追いつくために努力していますが、顧客が実際に変更を行うかどうか、そしてそれがどのくらい速く変化するのかは不明です。 約180のGMディーラー(全体の約20%)は、電気自動車を販売するためにGMが要求する高価なアップグレードに投資するのではなく、キャデラックのフランチャイズを放棄することを決定しました。

GMの広報担当者は、一部のキャデラックディーラーがオプトアウトすることを期待しており、残りの約700のディーラーが完全な電気目標に同意することを喜んでいる、と語った。

電気自動車の販売を拡大する自動車メーカーの過去の努力は、小売業者により多くの在庫をバックログさせるだけで、ほとんど失敗に終わった。 今でも、一部のディーラーは、電気自動車を大量に購入したくないと言います。

「最大の課題は、ディーラーがオオカミを叫んでいるという古い感覚です」と、マサチューセッツ州のディーラー、クリス・レムリーは言います。

彼は、自動車メーカーは何年もの間、電気自動車を主流にすることを約束してきたが、小さな小型車しか生産している、と語った。 彼は、フォード・モーター・カンパニーが発売した全電動フォックスは、販売が貧弱で販売が少なかったと振り返る。 車は2018年に生産中止となった。

「だから、誰かが『この時間は、我々は深刻だ』と言った時、私たちは簡単に疑いを持っています」と、ライムリーが付け加えました。

一部の買い物客も不明です。 科学者連合のエネルギーアナリスト、ダニエルは、電気自動車を購入することを決意したが、ワシントンD.C.のアパートの近くに十分な公共充電ステーションがないことを認識した後、最終的にあきらめた、と彼は付け加えた。

「電気自動車を離陸させるには、ガソリン車と同じくらい便利である必要がある」とダニエル氏は言う。

このような問題に対処するため、バイデン氏は、電気自動車の開発の一環として、米国の充電インフラのアップグレードに数十億ドルを費やしたいと述べた。

フォード、ゼネラルモーターズ、その他の大手自動車メーカーは、新しい電気自動車製品に自信を持っていると述べた。

しかし、一部の自動車小売業者は、それがビジネスに長期的な影響を懸念している、と言っている。

電気自動車市場におけるテスラの影響力は、オンライン取引と交渉なしで合理化されたXu販売ソリューションを提供する自動車購入者のための新しい基準を作成します。 Rivian や Lucid などの他の電気自動車のスタートアップも、従来のディーラーをバイパスして消費者に直接販売すると述べた。

一部の自動車メーカーは、現在、ディーラーで電気自動車をほとんど、あるいはまったく備蓄し、顧客がメーカーから直接より多くの電気自動車を注文できるように、彼らの例に従っています。

ボルボ・カーズのサム・エルソン最高経営責任者(CEO)は最近、すべての純粋な電気自動車は、今後、価格統一でオンラインで独占的に販売され、もはや交渉は行わなくなると述べた。 ディーラーは、顧客に車両を納入し、修理などの他のサービスを提供するのに役立ちます、と、彼が言いました。

「市場は店舗からオンラインへと移行しています。 「これは、今後10年間に起こることです」と、サムエルソンが言いました。

ロサンゼルスのゼネラル・モーターズ(GM)のディーラー、ドレイクは、ブランド別にモデルを販売するのではなく、電気自動車店とガス自動車店の2つの店舗をオープンし、2つのショールームを改装することを検討していると述べた。

「彼らは非常に異なる顧客です」と、ドレイクが言いました。 「ハマーの電気自動車を買う人は、燃費の良いピックアップを買う人の隣に座りたくないかもしれない」

ソールズは、彼が励みになる兆候を見たと言いました。 ゼネラル・モーターズ(GM)は最近、全電動ボルトの定価を引き下げ、2月の販売台数を引き上げた。 しかし、彼は、彼の電気自動車の在庫は、長期的な需要が不確実であるため、低いままであると言いました。

「まだ初期段階です」とソールズは言います。

ディーラーが電気自動車を販売する方法を考え出したら、別のビジネス上の問題は、サービスエリアで彼らを待っています。

電気自動車は、通常、機械部品が少なく、ガソリンエンジン車に必要なオイル交換などのサービスを必要としません。 ディーラーにとって、これらの仕事は巨大な利益の中心です。

「影響はあるが、真に包括的な影響が見られるまでには3~4年かかるだろう」とライムリーは言う。 「これは私が直面している最大の問題です。

(加米財経特集、盗作必修) 』