南シナ海係争海域に停泊する中国船団 衛星写真

https://www.afpbb.com/articles/-/3338638?pid=23193057

※ まーたまた、環礁の埋め立て→軍事拠点化か…。

※ 海上民兵(第三海軍)の「船団」で、ブロックしておいて、「工事船」を繰り出して、埋め立てる…、という策だ…。

※ こういう「無法」を、阻止する手立てがないと、「法」も「正義」も、あったものじゃない…。

※ しかし、結局最後は、「力(ちから)」が物を言うというのも、冷徹な国際関係の現実だ…。

『【3月25日 AFP】南シナ海(South China Sea)の係争海域に停泊する中国船団を捉えた衛星写真が25日、公開された。

 場所は、フィリピン南西部パラワン(Palawan)島バタラサ(Bataraza)の約320キロ西に位置するウィットサン礁(Whitsun Reef)。

 フィリピン政府は21日、海上民兵が乗る中国船200隻以上がフィリピンの排他的経済水域(EEZ)に入っていると発表。中国外務省は翌22日、これらの船は悪天候から避難した中国の「漁船」だと発表した。(c)AFP 』