バイデンは、中国の一帯一路に匹敵するイニシアチブを作成することを示唆しています

https://www.aljazeera.com/economy/2021/3/26/biden-suggests-creating-initiative-to-rival-chinas-belt-and-road

 ※ またまた、日本国は、ATMにされるのか…。

 ※ 日本国民としては、こういう話しが、「消費増税」や、「国民負担の増加」に結びつかないか、注視する必要がある…。

 ※ それでなくても、「脱炭素」「カーボン・ニュートラル」とかで、「電気料金の値上げは、必定」と言われているんで、なおさらだ…。

『(Google翻訳文)

ジョー・バイデン米大統領は、英国のボリス・ジョンソン首相との通話中に、民主主義国が先進国のインフラに資金を提供するために一緒にバンドを組むことを提案したと言います。

On Thursday, Biden said he would prevent China from passing the US to become the most powerful country in the world, pledging to invest heavily to ensure the US prevails in the rivalry between the world’s largest economies [File: Kevin Lamarque/Reuters]

木曜日、バイデンは、中国が世界で最も強力な国になるために米国を通過するのを防ぐと言い、米国が世界最大の経済大国間のライバル関係に勝つために多額の投資を約束した[File:ケビン・ラマルク/ロイター]
2021年3月26日

米国のジョー・バイデン大統領は金曜日の電話でボリス・ジョンソン英首相に対し、民主主義国は中国の一帯一路構想に匹敵するインフラ計画を持つべきだと提案したと述べた。

「私は、本質的に、同様のイニシアチブを持ち、民主主義国家から撤退し、実際には助けを必要とする世界中のコミュニティを支援すべきだと提案しました」と、バイデンは記者団に語りました。

読み続ける
バイデンは、習は、プーチンはホワイトハウスの気候サミットで歓迎すると言います
バイデンは、ミサイル発射実験を禁止した後、米国の議題のトップにN韓国を言います
バイデンの反中同盟は機能するのか?
ジョー・バイデンが初の大統領記者会見で語ったこと

中国の一帯一路構想(BRI)は、習近平国家主席が2013年に立ち上げた数兆ドル規模のインフラ計画で、東アジアからヨーロッパに及ぶ開発と投資のイニシアチブが含まれる。

このプロジェクトは中国の経済的、政治的影響力を大幅に拡大し、米国などで懸念を高めるだろう。

バイデンの発言は、木曜日に中国が世界で最も強力な国になるために米国を通過するのを防ぐと述べた後に起こった。

バイデンは来週、米国のインフラをアップグレードする数兆ドル規模の計画を発表する予定だ。彼は木曜日に、これは量子コンピューティング、人工知能、バイオテクノロジーなどの有望な新技術への米国の投資の増加を保証すると言いました。

懸念を放映し、BRIに匹敵する海外プロジェクトへの民間投資を奨励しようとしているが、ワシントンはBRIの下で中国政府が提唱した国家支援経済ビジョンに代わるものを提供できることを各国に納得させることはまだできない。

100カ国以上が中国と鉄道、港湾、高速道路、その他のインフラなどのBRIプロジェクトに協力する協定を締結している。Refinitivデータベースによると、昨年半ば時点で、3.7兆ドルのコストで2,600以上のプロジェクトがイニシアチブにリンクされています。

しかし、中国は昨年、BRIプロジェクトの約20%がコロナウイルス大流行によって「深刻な影響を受けた」と述べた。

また、プロジェクトを高価で不必要だと批判している国からBRIに対するプッシュバックも行われています。中国政府は、コスト、主権の侵食、腐敗に対する懸念を理由に、いくつかの国がコミットメントの見直し、取り消し、または縮小を求めた後、いくつかの計画を縮小した。

出典:ロイター 』

米英首脳が電話会談 中国の「一帯一路」に対抗
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210327/k10012939391000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

『アメリカのバイデン大統領はイギリスのジョンソン首相と電話で会談し、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に対抗して、民主主義国が協力して途上国の開発支援などを進める必要があるという考えを明らかにしました。

アメリカのバイデン大統領とイギリスのジョンソン首相は26日、電話で会談しました。

バイデン大統領は、会談後、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」について議論したとしたうえで「同じような構想を民主主義国も持つべきで、支援の必要な国を支えることを提案した」と明らかにしました。

バイデン大統領は提案の詳しい内容は述べませんでしたが、アメリカとイギリスなど民主主義国が協力して途上国の開発支援などを進め、中国に対抗するねらいがあるとみられます。

中国は「一帯一路」の構想を掲げ世界各地でインフラ整備を支援するなどしていて、アメリカでは中国が影響力の拡大をねらっているとして警戒感が広がっています。

またイギリス首相府によりますと、両首脳は中国の新疆ウイグル自治区の人権問題をめぐって、イギリスやアメリカ、それにEU=ヨーロッパ連合などが足並みをそろえる形で制裁を発動したことを確認し、中国による制裁への対抗措置に懸念を表明したということです。』