南シナ海に中国漁船200隻集結 フィリピン「海上民兵が配備」

https://this.kiji.is/746188835500097536?c=39546741839462401

※ こうデカくちゃ、到底、漁船には見えんな…。

※ 明らかに、「一定の意図で」やっている…。

※ 尖閣と、同じ図式だな…。

※ EEZの取り決めとか、全く守るつもりは無いようだ…。

『【マニラ共同】

フィリピン政府は21日までに、南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島のサンゴ礁周辺に今月初旬、約220隻の中国漁船が集結していたことを確認したと発表した。政府は中国の海上民兵が漁船を配備したとみており、動向を注視している。

 政府の20日夜の発表によると、西部パラワン島バタラザの西約175カイリ(約324キロ)にあるサンゴ礁周辺海域で7日、漁船群が隊列を組んで停泊しているのが確認された。政府はフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内としている。

 晴天だったが操業せず、夜間は白色光を点灯させていたという。領有権の示威行為だった可能性がある。』

※ もっとも、こういう「軍事拠点」を、構築されたんじゃ、「後の祭り」だ…。

※ 建築途中の「衛星画像」も、たびたび撮影されているから、承知の上で、「放っておいた」んだろう…。

※ この画像は、たぶん「防衛白書」だろう…。

※ 日本においても、怠りなく「情勢分析」していたわけだ…。

※ それで、某地域情勢が危うくなって来たんで、尻に火が付いた…、というわけか…。

※ それとも、お得意の「のっぴきならない状況」まで放っておくという、「高等戦術」でもあったものか…。

※ いずれ、やっと「重たい腰を、上げた。」ということになるんだろう…。