米「中国と率直な話をした」 2日間の協議終わる

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN19DYW0Z10C21A3000000/

『【ワシントン=永沢毅、北京=羽田野主】ブリンケン米国務長官と中国の外交トップ、楊潔篪(ヤン・ジエチー)共産党政治局員は19日、アラスカ州での2日間の協議を終えた。ブリンケン氏は「非常に率直に意見を交わした」と語り、新疆ウイグルや香港、台湾などで懸念を伝えたことを明らかにした。

2日目の協議は現地時間19日午前(日本時間20日未明)に開き、ブリンケン氏は終了後に内容を記者団に説明した。ウイグルや香港、チベット、台湾、サイバー問題について提起し、中国側から「曖昧な反応」があったと語った。北朝鮮やイラン、アフガニスタン、気候変動問題では「利益を共有する点がある」と述べ、接点がある可能性を示唆した。

さらに、経済、貿易、ハイテクを巡る課題に関しては「米議会や同盟国、友好国と緊密に相談しながら検証しているところだ」と中国側に伝えたことを明らかにした。サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は今回の協議を踏まえて「同盟国、友好国と協議を続ける」と強調した。

日本が重視する沖縄県・尖閣諸島周辺への中国公船の領海侵入が提起されたかどうかは明らかになっていない。初日の18日は冒頭発言が1時間超に及び、報道陣を前に人権問題などで応酬を繰り広げる異例の展開となった。バイデン大統領はホワイトハウスで記者団に「国務長官をとても誇りに思う」とブリンケン氏の初日の対応を評価した。

中国は対米関係の安定をめざし、米中対立の緩和への糸口を探っている。ただ、楊氏は18日の協議でウイグルや台湾問題などを「内政干渉」だとして米国の要求を拒絶、黒人差別などを引き合いに米国の民主主義にこそ問題があると指摘した。中国共産党の創立100年など重要な政治イベントを前に、少なくとも表向きは米国に譲歩するような姿勢はみせられないと判断しているとみられる。

バイデン政権で米中高官による直接協議は初めてで、中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相も同席した。

【関連記事】
米中会談、冒頭発言で1時間衝突 人権問題巡り
「民主主義押しつけるな」 米中外交トップ会談冒頭要旨
中国軍、米Teslaの利用禁止 位置データなど漏洩懸念

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login