米中外交トップが応酬 「秩序脅かす」「内政干渉」―初の対面会談、協力も模索

『【ワシントン時事】米中外交トップ同士の会談が18日、アラスカ州アンカレジで行われた。ロイター通信によると、ブリンケン国務長官は冒頭、中国による香港の統制強化や台湾への威圧などに関し「世界の安定を維持するルールに基づく秩序を脅かしている」と非難した。一方、中国の楊潔※(※竹カンムリに褫のつくり)共産党政治局員は「内政干渉には断固反対する」と反発し、双方は激しく応酬した。

中国側、制裁解除要求か 米は尖閣・香港など懸念伝達へ―外交トップ会談

 バイデン政権は中国を「21世紀最大の地政学的試練」と位置付けている。米中会談は政権発足後初めてで、翌19日も行われる。米政府高官によると、共同声明などは出されない。
 米側からブリンケン氏、サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)、中国側から楊氏、王毅外相が出席した。
 国務省のポーター筆頭副報道官は18日の記者会見で「会談は、双方がどの分野での協調に関心があるか把握する機会になる」と指摘。気候変動などで中国と協力できるかどうかも模索する。 』