北朝鮮、マレーシアと断交 「自国民を米国に引き渡し」

『【ソウル時事】北朝鮮外務省は19日、声明を出し、無実の自国民を犯罪者として米国に引き渡したと主張してマレーシアとの外交関係を断絶すると表明した。「全ての災いに対する責任はマレーシア当局が全面的に負う」と非難。「事件の背後にいる主犯の米国も相応の代価を払うことになる」と警告した。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮、米国の接触を拒否 「時間稼ぎ」と批判―高官談話

 声明によると、マレーシア当局は2019年、シンガポールで貿易活動していた北朝鮮国民を違法なマネーロンダリング(資金洗浄)に関与したという「でっち上げ」で逮捕。今月17日に米国に引き渡したという。韓国聯合ニュースによると、米連邦捜査局(FBI)がこの人物の引き渡しを要請していた。 』