【発言詳報】米中外交当局トップの初会談 異例の非難応酬

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210319/k10012923711000.html

 ※ なにか「実のある議論」のようには、聞こえんな…。

『バイデン政権発足後初めてとなるアメリカと中国の外交当局のトップの対面での会談が、日本時間の19日午前6時すぎからアラスカ州アンカレジで始まりました。

冒頭から非難の応酬が1時間以上続く異例の展開となった初会談、アメリカと中国の外交当局トップの発言内容を詳しくお伝えします。

ブリンケン国務長官「ルールに基づく国際秩序強化に取り組む」

会談の冒頭、ブリンケン国務長官は「私は最も緊密な2つの同盟国である日本と韓国との会議から戻ったばかりで、両国はこの会談に強い関心があった。会談の内容がアメリカと中国だけでなく地域と世界に関わるからだ」と述べました。

そのうえで「われわれの政権はアメリカの利益を促進し、ルールに基づく国際秩序を強化することに取り組んでいる。これは各国が違いを平和的に解決することに役立つ。ルールに基づく秩序に代わるものは、力が正義で勝者がすべてを手にする世界であり、これは世界をはるかに暴力的で不安定にする」と主張しました。

「米中の関係は必要な時は敵対的になる」

さらに「きょうは中国がわれわれの意図や取り組みを理解できるよう国内外の優先課題を議論し、中国の行動に対するわれわれの深い懸念、新疆ウイグル自治区や香港、台湾、アメリカに対するサイバー攻撃、同盟国に対する経済的威圧についても話し合いたい。これらは世界の安定を維持するルールに基づく秩序を脅かしているため、ここで取り上げる義務がある」と述べました。

そして「米中の関係は競争すべき時は競争し、可能であれば協力し、必要な時は敵対的になると話したが、ここでもそうする」と述べました。

サリバン大統領補佐官「争いは望まないが厳しい競争は歓迎」

またサリバン大統領補佐官は「われわれはアメリカの外交政策の基礎となる同盟国や友好国との関係を再び強化させている。こうした国々との連携こそが発展と繁栄をもたらすものだ」としたうえで「バイデン大統領は先週、4か国のサミットを主催し、自由で開かれたインド太平洋の実現を約束した」と述べました。

そして「経済的、軍事的な抑圧から基本的な価値観への攻撃まで長官が提示したさまざまな懸念事項を率直かつ直接的に明確さをもって議論していく。これらの懸念事項はアメリカ国民だけでなく世界中の同盟国や友好国からも聞いている。争いは望んでいないが、厳しい競争は歓迎する」と述べました。

楊政治局委員は20分近く発言 アメリカを大幅に上回る

アメリカ側の冒頭発言のあと、中国の楊潔※チ政治局委員はアメリカの2人を大幅に上回り、20分近くにわたって発言しました。

※チは竹かんむりに褫のつくり。
楊政治局委員「みずからの民主主義を押し広めるべきではない」

楊政治局委員ははじめに「中国と米国はともに世界の大国で、世界と地域の平和、安定、発展に対する重要な責任を担っている」と述べました。

そして「アメリカにはアメリカの民主主義があり、中国には中国の民主主義がある。アメリカはみずからの民主主義を押し広めるべきではない」と述べ、アメリカをけん制しました。

さらに「問題は、アメリカが武力と金融覇権を使って他国に圧力をかけ、国家安全保障という概念を乱用し、正常な貿易を妨害していることや、一部の国をあおり立て中国を攻撃していることだ」と述べ、アメリカを強く批判しました。

「内政に干渉する行為には断固として反対」

そのうえで「新疆ウイグル自治区、チベット自治区、それに台湾は中国の不可分の領土であり、内政に干渉する行為には断固として反対し対応する」と強調しました。

また「アメリカの人権問題は根深い。この4年の間に浮上したものではなく、黒人への殺りくは昔からある。他国に矛先を向けるべきではない」と反発しました。

そして「アメリカが普遍的価値や国際世論を代表することはできない。アメリカが代表できるのはアメリカ政府の考えだけだ」と述べ、アメリカの価値観に合わせるつもりはないという考えを強調しました。

「コロナ対応や気候変動などは共同の利益となる」

一方で楊政治局委員は「お互い大国としての重要な責任があり、新型コロナウイルスへの対応や経済の立て直し、それに気候変動などは共同の利益となる」と述べ、協力できる分野では協力すべきだという考えを示しました。

そのうえで「両国の新たな関係のもと、改めて意思疎通を行い、互いの違いをコントロールし、ともに努力をして協力をしていくべきである。対立はなにも生まない。改めて健全で安定した発展の軌道に戻ることを期待している」と述べ、バイデン政権に関係改善に向けて動くよう求めました。

王外相「香港問題での中国に対する制裁引き上げ 断固反対」

また王毅外相は「両国には未曽有の困難があり中国だけではなく世界の発展を損なってきたが、このまま続けてはいけない。アメリカは、香港問題での中国に対する制裁を引き上げたが、われわれは断固として反対する。これは私たちがアラスカに出発する前日に行われたことで、ホスト国としてするべきことではない」と反発しました。

米側 中国側の冒頭発言後に再び発言

ブリンケン長官は中国側の20分を超える冒頭発言のあと「皆さんの長い話を受けて私からも少しお話しさせていただく」と述べて、当初の予定にはなかったとみられる発言をしました。

ブリンケン長官「私たちは課題から目を背けない」

このなかでブリンケン長官は「国務長官として世界の100近い国と話し、最初の外国訪問として日本と韓国も訪れたが、私が聞いている話はあなたの主張と大きく異なる。私が聞いているのはアメリカの復活と同盟国や友好国への関与に対する深い満足と中国の行為に対する深い懸念だ」と強調しました。

さらに「私たちが世界に関与する上での指導力は完全に自発的に構築された同盟や友好関係によるものだ」としたうえで「アメリカは国内ではより完全な団結を目指し、不完全さや過ちを認め、開放的に透明性をもって立ち向かってきた。課題から目を背けたり、存在しないように装ったり、隠したりしない」と述べました。

サリバン補佐官「問題解決には協力することが最善」

またサリバン補佐官は「問題の解決には世界の同盟国や友好国と協力することが最善だと信じている。今回の会談が一方による講義や長くてまわりくどい声明ではなく、お互いの考えがどこからくるものなのか、重視する原理原則や優先事項、長期的な戦略について説明し、耳を傾ける機会になることを望む」と述べました。

この後、アメリカ側の報道陣は部屋の外に出されました。

中国も報道陣を呼び戻し再発言 米の追加発言に不快感示す

その後、反発した中国側が再び発言を求め、報道陣を呼び戻しました。

そして再びカメラが撮影を始めると楊政治局委員は「アメリカを好意的に見すぎていた。基本的な外交儀礼を守るべきだ」と述べ、ブリンケン長官が冒頭発言のあと、追加で発言したことに強い不快感を示しました。

楊政治局委員「互いに敬意を払ってつきあうべきだ」

そして「あなたたちは強者の立場でわれわれと話す資格はない。もしあなたたちが、われわれとしっかりとつきあいたいのであればわれわれは互いに敬意を払ってつきあうべきだ」と述べたうえで「われわれが西洋人から受けた苦しみはまだ足りないというのか。外国から押さえつけられた時間がまだ短いというのか」と述べ、過去の歴史を引き合いに出し厳しい口調で非難しました。

そのうえで「中国の首を絞め、抑圧しようとしても最後に損をするのは自分自身だ」と述べ、強く反発しました。

王外相「他の国を軽々しく脅すようなことはすべきではない」

また王外相も「他の国を軽々しく脅すようなことはすべきではない。誰が誰を脅しているのかは歴史と国際社会が結論を出す」と述べました。

通常は双方がそれぞれ数分ずつ発言する会談冒頭のマスコミ撮影は、2度にわたって批判の応酬となる異例の展開となりました。』