18世紀テムズ川における輸送船舶及び輸送業者について

18世紀テムズ川における輸送船舶及び輸送業者について
徳仁親王
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography1889/100/1/100_3/_pdf/-char/ja

※ 今上が、皇太子時代に、英国留学中に、書かれた論文だ…。

水運史から世界の水へ (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/4/4
徳仁親王 (著)
https://www.amazon.co.jp/%E6%B0%B4%E9%81%8B%E5%8F%B2%E3%81%8B%E3%82%89%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E6%B0%B4%E3%81%B8-%E5%BE%B3%E4%BB%81%E8%A6%AA%E7%8E%8B/dp/4140817720

※ こっちは、即位なさる1年くらい前に出版された、著作だ…。

※ なんと、Amazonで購入できるぞ…。

※ ということで、英国のテムズ川の水運と、江戸の掘割を使っての水運とを、比較・考察なさった内容のようだ…。

※ 古代・中世の機内における琵琶湖・淀川の水運も、研究・考察対象のようだな…。

※ 日本近海の海流は、こんな感じ…。

※ ということで、相当に「流れ」は、速いようだ…。

※ 瀬戸内海は、一応、「内海」だ…。そして、九州地方と畿内を結ぶ、「大海道」だ…。

※ しかし、その「潮流」は、時と場所によっては、危険なくらい「速く」なる…。

※ それで、海上保安庁が、随時情報を出して、注意喚起を促している…。

※ 台風も、やって来るしな…。