ミャンマー国軍、ソロス財団の口座凍結

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM16BFR0W1A310C2000000/

 ※ こういうところで、「ソロス財団」の名前が出てくるのか…。

 ※ 確か、「アジア通貨危機」の時も、陰で暗躍した…と噂されていたな…。

 ※ 東南アジアの某勢力との関係は、相当に深いと思われる…。

 ※ 相当に、「闇」は深い…、と見えるな…。

『【ヤンゴン=共同】ミャンマー国軍の指揮下にあるミャンマー中央銀行は16日までに、米著名投資家ジョージ・ソロス氏のオープン・ソサエティー財団のミャンマー国内の銀行口座を凍結した。外国為替や資金洗浄の関連法に違反した疑いと説明。国軍は、財団が全土で広がる不服従運動に資金支援したとして捜査を始めた。国営紙などが報じた。

【関連記事】
ミャンマー戒厳令地域「国軍が裁く」、上訴できず死刑も

国軍はアウン・サン・スー・チー氏が関わる財団も捜査しており、資金面で反国軍の動きを弱体化させる狙いがあるとみられる。

国軍は既にソロス氏の財団幹部1人を拘束したほか、11人を指名手配。2018年に財団が地場銀行と許可なく外国為替取引を行った容疑に加え、財団幹部がクーデター後に不服従運動に対して資金を供与した疑いがあるとしている。』