米国は、米米の統一演習を一連の演習と呼ぶ。議題直前レート(合成)

 ※ 韓国の「聯合ニュース」(日本の、共同通信みたいな感じのもの)のサイトからだ…。

 ※ 韓国側では、米日韓合同軍事演習を強いられる…ような事態を、警戒しているようだ…。

『(Google翻訳文)

オースティン米国防総省「太平洋の平和と安定のための

重要な議題を議論する」米国協議を持ち出す可能性。ペンタゴン「議題に含まれていない」

ロイド・オースティン米国防長官
がハワイを訪問[オースティン・セレコ・オブ・ツイッター再販とDB禁止]

韓国と米国の国防総省は、6月17日にソウルで行われる国防相会談で、米韓韓米日の統一演習を強化する計画について話し合う可能性が高い。

米国は、米韓関係も改善する中国を対象としたインド太平洋戦略の実施に米韓協力が不可欠であると期待している、と軍事専門家
は言う。特に、これらの国々と密接な軍事的接触を持つ米国は、米国、日本、インド、オーストラリアなどの4カ国協議機関であるクワッドをアジアの戦略の中心に置き、日米連合演習を行うことはできないだろうとも述べている。

6月15日、軍事筋は「米国防長官の韓韓訪は「日米の協力強化」と呼べ、「米韓国防相会談では、3カ国の協力、特に軍事協力が重く議論される可能性が高い」と述べた。

別の情報筋は、「我々は土壇場で両国間の防衛協議の議題を調整している」とし、「戦時中の作戦管理権の移行についていくつかの評価を行う一方で、米韓連合演習の再選などの措置が主要
な議題で議論されるかもしれない」と述べた。

米国が会談中に3カ国の連立演習の重要性を強く高めれば、
協議で彼らに対処せざるをえないだろうという観察がある。これに関して、オースティンは自身のツイッターで、トニー・ブリンコン米国務長官(日本)、韓国を訪問していたハワイを訪問した14日(現地時間)にハワイを訪問すると発表し、「インデ太平洋地域の平和と安定を確保するために議論する重要な議題がたくさんある」と指摘した。

米国務省はまた、トニー・ブリンコン長官の韓国と韓国への訪問に関連する情報筋の中で、「3カ国間の強固で効果的な二国間関係と三者関係は、自由と民主主義の擁護、人権擁護、平和、安全、法の支配の促進など、我々の安全保障と利益の
基本である」と述べた。

この評価は、両大臣が就任して以来の第一歩は、ジョー・バイデン政権の中国に基づく政策の最優先事項である太平洋戦略と、米韓協力
の重要性を強調することであることを示唆している。

しかし、軍の出入りで日本に対する国民の感情を考えると、米国の要求を直ちに受け入れることは難しいという見通し
が勝っている。

国防省は「我々は現在、上下協議の議題について協議中である」とし、「問題(米韓連立演習)は含まれていない
」と述べた。

国防省のブー・スンチャン報道官も、米韓国防相
会合に関して、両軍当局間の議題が議論されていると説明した。
3カ国は、北朝鮮の弾道ミサイルを検出して迎撃するための毎年の四半期訓練以外の実用的な日米連合演習を行っていない。

しかし、2019年5月には、韓国、米国、オーストラリアの4カ国が参加した太平洋ヴァンガード(パシフィック・ヴァンガード)同盟演習が新しい
スケジュールで実施されました。韓国海軍はグアム近郊の海上と太平洋のマリアナ諸島での4カ国連合演習に参加した。2018年12月、日本海のサンガー機が韓国船に向けて超低空飛行の脅威飛行を行った事件の後、米韓軍事協力は事実上全面的に停止され、日本は韓国の船舶が消防車(消防)レーダーを発射したと主張した。

防衛省が先月発表した「2020年国防白書」も、韓国と韓国の関係を「コンパニオン」から「隣国」に格下げすると表明した。

日米「空挺21」
訓練シーン[太平洋軍のツイッターキャプチャ.再販とDB禁止]

一方、日米両国は、様々な分野の統一演習を行っています。
米太平洋司令部によると、日米は過去9日間から11日間の降下と貨物空輸演習「空挺21」を実施した。
500以上の陸上部隊と12の米空軍C-130J(スーパーヘラクレス)が動員されました。
先月初め、米日豪空軍を含む統一航空演習「コープ・ノース21」も実施された。
米米軍機を含む90機以上の軍用機と2,200人以上の部隊が参加しました。
3k @yna.co.kr

▶ニュースレターでは、ニュースはニュース ▶ではありません [サブスクリプションクリック] [ファクトチェック]裁定?

▶<著作権所有者(c) ヨンハップニュース (https: / / http://www.yna.co.kr / ), 再配布は禁止されています >』