米、北朝鮮と接触探る 政府高官「現時点で返答なし」

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN143JA0U1A310C2000000/

『【ワシントン=永沢毅】米政府高官は14日、バイデン政権が2月中旬から北朝鮮との接触をはかっていることを明らかにした。現時点では「北朝鮮から返答はない」としている。停滞している北朝鮮の核・ミサイル問題の進展に向け、米朝対話の糸口を探る狙いがある。

バイデン政権で対北朝鮮政策を巡る具体的な動きが明らかになるのは初めて。同高官によると、2月中旬から北朝鮮の国連代表部があるニューヨークを含めた複数のチャンネルを通じて北朝鮮当局と接触を試みているという。「事態がエスカレートするリスクを減らすためだ」と説明した。

同高官は「トランプ前政権も含め、過去の政権で北朝鮮政策に関与した多くの元政府当局者と相談してきた」とも明らかにした。日本や韓国の意見にも注意深く耳を傾けているとし、「新しいアプローチ」を探っていると強調した。

北朝鮮に関して「近隣諸国や国際社会への脅威は増している」との認識を表明し、あらゆる選択肢の検証を進めていると表明した。対北朝鮮政策の見直し作業はこれから数週間で作業を終える方針だ。

トランプ前大統領は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記と3回にわたって首脳会談を開いた。トランプ氏の要請を受け、金正恩氏は大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射と核実験は見合わせてきた。ただ、非核化に向けた具体的な進展はみられなかった。

ブリンケン米国務長官とオースティン国防長官は15日から日韓両国を含むアジア歴訪を始める。両国とそれぞれ外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を開き、北朝鮮を含むアジア政策の調整を本格化する。ブリンケン氏が18日にアラスカ州で開く中国外交トップ、楊潔篪(ヤン・ジエチー)共産党政治局員との初の直接会談でも北朝鮮問題は議題の一つとなる。

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

青山瑠妙のアバター
青山瑠妙
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 教授
コメントメニュー

別の視点北朝鮮の核開発問題において、中国の協力は欠かせない。18日の米中高官の会談で、アメリカはどこまで中国の協力を引き出せるのかが注目される。
逆に言えば、中国と北朝鮮が良好な関係を維持しているこの時期、会談で中国がどこまで譲歩を見せるのかは、今後の中国の外交政策の方向性を示す一つの物差しにもなる。
2021年3月15日 8:36いいね
3

峯岸博のアバター
峯岸博
日本経済新聞社 編集委員・論説委員
コメントメニュー

分析・考察 北朝鮮が1月に開いた党大会では金正恩総書記の妹、与正氏を含め外交担当者が降格し、思想検閲などを担当する側近が出世をとげるなど内向きで復古的な人事がめだちました。金正恩氏は自らを「暴漢」呼ばわりしたバイデン氏の対北朝鮮政策の輪郭が浮かぶのを平壌から見極める考えでしょう。
当面はコロナや経済不安による北朝鮮内部の動揺をおさえる対策を優先するのと並行して核・ミサイル開発を続け米国との交渉材料を積み上げる。そのうえで、バイデン氏の周辺や専門家に少なからずいる「軍縮交渉派」をたきつけるためのミサイル実験などのタイミングを探るシナリオが浮かびます。
2021年3月15日 8:02いいね
4

秋田浩之のアバター
秋田浩之
日本経済新聞社 本社コメンテーター
コメントメニュー

ひとこと解説 バイデン政権が北朝鮮との接触を探るのは、トランプ前政権のような米朝トップ外交を思考しているからではないでしょう。記事中にもあるように、「事態がエスカレートするのを防ぐ」ことが目的だと思います。
 バイデン氏側近は就任前から、米朝首脳会談は何の成果もなく失敗だった、という認識を示しています。ではどうするかといえば、①日米韓の連携を立て直す②そのうえで米朝実務者協議を開催③成果があれば、米朝高官級協議へーーという手順を探るでしょう。いわば、トップダウンのトランプ流とは逆のボトムアップ路線です。
2021年3月15日 8:38いいね
2

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login