北朝鮮新型ミサイルを疑問視 「発射可能か不明」―米軍司令官

『【ワシントン時事】在韓米軍のエイブラムズ司令官は10日、下院軍事委員会の公聴会で、北朝鮮が1月の軍事パレードで公開した新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)について、「それを発射できる基盤が公開されたという報告がない」と準備書面で述べ、実用性に疑問を呈した。

〔写真特集〕北朝鮮の軍事力~知られざる実力~

 同司令官は「北朝鮮はSLBMを『最も強力な兵器』と位置付けたが、北朝鮮がそのような兵器を保有していると断定することと、兵器だけでなく、発射基盤を保有していると認めることには大きな違いがある」と指摘。「パレードで新しい軍事能力を公開するのは効果的な広報戦略だが、発射能力があることとは必ずしも一致しない」と述べた。』