米FTC委員に著名テック規制論者カーン氏起用へ 米報道

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN09DR50Z00C21A3000000/

※ (たぶん、下記にある通り、心臓病学者の旦那さんが、撮影したものだと思われる…。)

『【ワシントン=芦塚智子】米メディアは9日、バイデン大統領が米国の独禁当局である米連邦取引委員会(FTC)の委員にコロンビア大法科大学院のリナ・カーン准教授を指名する意向だと報じた。カーン氏は巨大IT企業への規制を主張する反トラスト法(日本の独占禁止法に相当)の専門家で、バイデン政権の巨大IT企業への厳しい姿勢を示す人事とみられている。

カーン氏はエール大法科大学院の学生だった2017年に発表した論文「アマゾンの反トラスト・パラドックス」で一躍有名になった新進の法学者。同論文は従来の反トラスト法の枠組みに反論し、アマゾン・ドット・コムなどへの規制の必要性を論じた。FTC委員の顧問や反トラスト法を管轄する下院司法委員会の小委員会の顧問も務めた。

バイデン氏は国家経済会議(NEC)のテクノロジー・競争政策担当の大統領特別補佐官にも、少数の巨大IT企業が支配するデジタル市場への批判で知られるコロンビア大のティム・ウー教授の起用を発表している。

【関連記事】

新たな「独占」、巨大ITにメス 独禁法の常識覆す
すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

リナ・カーン
https://en.wikipedia.org/wiki/Lina_Khan

『(Google翻訳文)

初期の生活と教育

カーンはロンドンでパキスタン人の両親のもとに生まれ、11歳の時に一緒にアメリカに移住しました。彼女は2010年にウィリアムズ・カレッジを卒業し、ハンナ・アレントに関する彼女の卒業を書きました。彼女はまた、ウィリアムズの学生新聞の編集者でした。卒業後、ニューアメリカ財団に勤務し、オープンマーケットプログラムの独占禁止調査と執筆を行いました。彼女は2017年にイェール大学でジュリス・ドクターを獲得し、そこでエール・ジャーナル・オブ・レギュレーションの提出編集者を務めました。 [3]』

『アマゾンの反トラストパラドックス

イェール大学の法科大学院生だった彼女は、2017年にエール・ロー・ジャーナル(アマゾンの独占禁止法パラドックス)の記事がアメリカの法律やビジネス界に大きな影響を与えた時、公人になりました。ニューヨーク・タイムズ紙はそれを「数十年にわたる独占法を見直す」と表現した。 [1]

記事の中でカーンは、消費者物価を抑えることに焦点を当てた現在のアメリカの独占禁止法の枠組みは、アマゾンのようなプラットフォームベースのビジネスモデルの反競争的な影響を説明できないと主張した。彼女は、「伝統的な独占禁止法と競争政策の原則を回復するか、一般的なキャリアの義務と義務を適用する」という代替アプローチを提案しました。 [4]』

『キャリア

カーンは、エール大学でロースクールを始めた2014年まで、ニューアメリカ財団で市場統合問題について調査し、出版しました。エール大学在学中、カーンはエール大学の住宅ローン差し押さえ訴訟クリニックの共同学生ディレクターを務め、金融機関によって不適切に差し押さえられている住宅所有者を代表していた。彼女はまた、公共の利益と原告側の控訴訴訟を専門とするグプタ・ウェスラーで夏を過ごした[ [6]

研究を終えた後、カーンと彼女のチームがグーグルの市場力を批判した後、ニューアメリカから分社化されたオープン・マーケッツ・インスティテュートで法務ディレクターとして働き、ニューアメリカの資金提供者であるグーグルからの圧力を促した。OMIでの彼女の時間の間に、カーンは、反独占的な政策の考えについて議論するためにエリザベス・ウォーレン上院議員と会った。 2018年、カーンはロヒット・チョプラ委員のオフィスで連邦取引委員会の法務フェローとして働いた[ [9]

カーンはコロンビア法科大学院に入学し、特にデジタルプラットフォームに関する独占禁止法と競争政策に関する研究と奨学金を追求しました。 [5]コロンビア法レビューでプラットフォームと商業の分離を発表し、支配的な仲介者が彼らのネットワークに依存する企業と直接競争するビジネスラインに入ることを禁止する構造的な分離のケースを作った。 [10]

2019年、カーンは下院司法委員会の独占禁止法、商業法、行政法小委員会の顧問を務め始め、デジタル市場に関する議会調査を主導してきました。2020年7月、コロンビア法科大学院のディーン・ギリアン・レスターは、カーンが法学准教授として学校の教員に加わることを発表した[11]。 [12]』

『個人生活

カーンは心臓病学者のシャー・アリと結婚している。 [1]』