ミャンマー国軍、駐英大使召還 スー・チー氏解放要求で更迭

『【バンコク時事】ミャンマー国営テレビは9日、クーデターで権力を握った国軍がチョー・ズア・ミン駐英大使を召還すると報じた。国軍が拘束したアウン・サン・スー・チー氏の解放を大使が求めたため、更迭する。

治安部隊、デモ隊包囲 国際社会が解除要求―ミャンマー

 大使は8日に出した声明で、「指示はアウン・サン・スー・チー国家顧問から受ける」と強調。スー・チー氏やウィン・ミン大統領の解放を要求した。また、「現在の難局には交渉で立ち向かうしかない」と訴え、デモ隊への武力行使を続ける国軍を非難した。』