谷脇総務審議官を更迭 NTT接待問題で武田総務相

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE080JB0Y1A300C2000000/

『武田良太総務相は8日朝、NTT幹部による総務省幹部らへの接待問題に関する中間報告を公表した。接待を受けた谷脇康彦総務審議官を更迭し、同日付で官房付に異動させた。谷脇氏は菅義偉首相の長男が勤める放送事業会社「東北新社」からの接待で懲戒処分を受けていた。

武田氏は8日朝、谷脇氏に関して「幹部職員である総務審議官が公務への信頼を著しく失墜させる行為をし、誠に遺憾だ」と述べた。

総務省は8日の参院予算委員会理事会に中間報告を伝えた。報告によると、谷脇氏は2018年9月以降、NTTの澤田純社長らから3回接待を受けていた。総額は10万6852円に上った。谷脇氏が支払ったのは20年7月の1回のみで一人あたりの飲食費は2万8941円だったが、支払額は5千円だけだった。

巻口英司国際戦略局長も20年6月に澤田氏らと会食していた。当時総務審議官だった山田真貴子前内閣広報官も同席していた。土産物も含めて5万1165円の費用を負担してもらい、巻口氏が支払ったのは1万円にとどまった。

接待問題で答弁する谷脇康彦総務審議官(4日、参院予算委)

国家公務員倫理規程は省庁が許認可を与える相手を利害関係者と定め、接待を禁止する。自己負担で出席する際も1万円を超える場合は事前に届け出る必要がある。NTTは取締役選任などで総務相の認可を受けるため利害関係者になる可能性がある。

総務省は谷脇、巻口両氏以外の職員についても調査する。NTT以外の事業者にも同様の問題がないかも調べる。

谷脇氏は放送事業会社「東北新社」からも計4回、総額11万円を超す接待を受けていた。2月24日に減給3カ月(10分の2)の懲戒処分を受けたばかりだった。

谷脇氏は2月の調査で東北新社以外に接待を受けた事実はないと説明してきた。週刊文春が3月3日に谷脇氏らがNTTから高額接待を受けていたと報じ、改めて調査した。

武田氏は8日、記者団に「前回の調査の際に、倫理法令に違反する行為が他にないか再三にわたり確認してきた。にもかかわらず新たな違反が疑われる行為が確認され、甚だ遺憾だ」と語った。

谷脇氏は1984年に旧郵政省に入省し、固定電話や携帯電話など通信政策に一貫して関わった。総務審議官就任前はNTTを担当する総合通信基盤局長だった。旧郵政省組のトップとして、次官就任が有力視されていた。首相が総務相だった2007年に担当課長として携帯料金と端末価格の分離プランの導入を打ち出した。

【関連記事】
総務審議官、NTTと会食認める「3回あった」
総務省幹部接待報道、NTT「会食を行ったのは事実」

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login