NZ沖でM8.1の地震 津波への警戒呼びかけ

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM0505U0V00C21A3000000/

『【シドニー=松本史】ニュージーランド(NZ)のケルマデク諸島沖で5日午前8時28分(日本時間同午前4時28分)、マグニチュード(M)8.1の地震が発生した。同国の国家非常事態管理局(NEMA)は津波が発生する可能性があるとして、同島沿岸部の一部の住民に高台への避難を呼びかけた。

加藤勝信官房長官は5日の閣議後記者会見で、日本への津波について「若干の海面変動が予想されるが、津波による被害の心配はない」と述べた。気象庁も同様の情報を発表した。

震源近くのケルマデク諸島はNZの北東約1000㌔にある。震源の深さは19.4㌔。米ハワイの太平洋津波警報センターは周辺のニューカレドニアやバヌアツで津波の恐れがあるとして、警戒を呼びかけた。豪州領ノーフォーク島では56㌢の津波が観測された。

津波警報が発令され、高台に避難する人たち(5日、ニュージーランド北部)=NZヘラルド提供・AP
NZ沖では今回の地震に先立って5日未明から2度、地震が発生していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login