米経済諮問委員長にラウズ氏承認、初の黒人起用

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN031OP0T00C21A3000000/

『【ワシントン=鳳山太成】米議会上院は2日、米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長に米プリンストン大の労働経済学者セシリア・ラウズ氏を起用する人事を承認した。黒人が就任するのは初めて。経済再生や格差是正を目指すバイデン政権の経済政策立案を支える。

上院は賛成95、反対4で承認した。CEA委員長はホワイトハウスのチーフエコノミストとして経済データを分析し、大統領に報告する役割を担う。

ラウズ氏はオバマ政権でCEAのメンバーを務めたほか、クリントン政権では米国家経済会議(NEC)でも働いた。豊富な経験から超党派で支持を集めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

セシリア・ラウズ
https://en.wikipedia.org/wiki/Cecilia_Rouse

(Google翻訳文)
『セシリア・エレナ・ラウズ(/raʊs/ ROWSS;1963年12月18日生まれ)は、アメリカの経済学者であり、プリンストン大学のプリンストン公共国際問題学部長です。ジョー・バイデンは2020年11月にラウズを経済顧問会議の議長に指名した[ 2021年3月2日、ラウズは上院(95-4)によって経済顧問会議の次期議長に圧倒的に確認された[4]

内容
1 初期の生活と教育
2 キャリア
3 私生活
4 選択した出版物
5 参照
6 外部リンク

初期の生活と教育

ラウズはカリフォルニア州デルマールで育ち、1981年にトーリーパインズ高校を卒業しました。彼女には2人のきょうだいがある:森のラウズ、物理学者。そして、キャロリン・ラウズ、人類学者、プリンストン大学教授。彼女の父親は1956年にカリフォルニア工科大学で博士号を取得した研究物理学者です。彼女の母親は学校の心理学者として働いていました。

1986年にハーバード大学で経済学の学士号を、1992年に経済学の博士号を取得しました。 [2][6]

キャリア

博士号を取得した後、ルースはプリンストン大学の教員に加わりました。[引用が必要]

ルースは2009年から2011年までバラク・オバマ大統領の経済顧問会議のメンバーを務めました。 1998年から1999年まで、オバマ政権に従う前に、ラウズはビル・クリントン大統領の下で国家経済会議に従軍した[ [7]

ラウズはプリンストン公共国際問題大学院の学部長であり、ローレンスとシャーリー・カッツマンとルイスとアンナ・エルンスト教授は教育経済学の教授です。彼女はプリンストン大学教育研究部の創設ディレクターであり、米国教育アカデミーのメンバーであり、国家経済研究局の研究員である[彼女の主な研究分野は、教育経済学を中心とした労働経済学[9]である。ルースは労働経済学雑誌の編集者、そして子供の未来の上級編集者を務めた。

MDRCの取締役会のメンバーであり、T・ロウ・プライス・エクイティ・ミューチュアル・ファンドの取締役であり、T・ロウ・プライス・リトインカム・ミューチュアル・ファンドの諮問委員である。 [8]

ジョー・バイデン大統領はラウズを経済顧問会議の議長に指名した。 2021年1月28日、上院銀行・住宅・都市問題委員会の前に現れた。上院は3月2日に95-4の投票で彼女の指名を確認した。 [13]

個人生活
彼女には2人の娘がいます。彼女の夫はフォード・モリソン、著者トニ・モリソンの息子です。 [14]』