1月の米建設支出1.7%増で過去最高 住宅は前年比2割増

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN01C5I0R00C21A3000000/

『【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が1日発表した1月の建設支出額(季節調整済み、年率換算)は約1兆5214億ドル(約162兆円)で、前月の改定値から1.7%増えた。4カ月連続の増加で、2002年の統計開始以来の最高水準となった。伸び率ではダウ・ジョーンズまとめの市場予測(0.8%増程度)を上回った。

民間部門は1.7%増えた。特に「住宅」は2.5%増と力強い伸びが続き、前年同月比でも21.0%増を記録した。「住宅以外」は前月比0.4%増で2カ月連続のプラスだったが、前年同月比では10.1%減となっている。一方、公共部門では高速道路などの建設が伸びて、前月比1.7%増だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login