米、イランの核協議不参加に「失望」 対話方針は堅持

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN010IK0R00C21A3000000/

『【ワシントン=中村亮】米ホワイトハウスの報道担当者は28日の声明で、イランが核合意修復に向けた協議に参加しないと表明したことについて「失望している」と指摘した。「双方が核合意を再履行するため意味のある外交を再び行う用意があることに変わりはない」とも強調し、イランとの対話方針を堅持した。

【関連記事】
イラン、米との会合不参加 制裁解除動きなく反発

バイデン政権内にはイランは協議を拒否することで中東情勢の緊張を高め、米国から譲歩を引き出す狙いだとの見方がある。対話を完全に拒否したわけではないとみて、核合意復帰に向けてイランの出方を見極める構えだ。

バイデン政権は2月中旬、核合意復帰に向けてイランとの対話を目指す方針を表明。欧州連合(EU)が英仏独中ロを交えた多国間協議を主催すれば米国は参加すると明言していた。イランはEUの招待を断ったことになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login