対ミャンマー措置「事態を注視して検討」 官房長官

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE0127L0R00C21A3000000/

『加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、国軍によるクーデターが発生したミャンマー情勢に関し「経済協力を含む今後の対応について事態の推移を注視しながら検討する」と述べた。ミャンマーはクーデターへの抗議デモの参加者に対する治安当局による発砲などが相次ぎ、多数の死傷者が出ている。

加藤氏は「平和に行われるデモ活動に対し、銃を用いた実力行使がなされることは許されることではない」と非難した。「ミャンマー治安当局に対し、民間人への暴力を直ちに停止するよう強く求めている」とも説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login