ミャンマー国軍、国連大使解任 「クーデター非難は裏切り」

『【バンコク時事】ミャンマー国営テレビは27日、国連総会の会合でアウン・サン・スー・チー氏の国民民主連盟(NLD)政権を代表する立場から演説し、国軍のクーデターを非難したチョー・モー・トゥン国連大使が解任されたと報じた。国営テレビは、大使が「国家を裏切って非合法組織のために発言した。職権乱用だ」と糾弾した。

治安部隊、各地で強制排除 デモ隊約500人拘束―ミャンマー

 クーデター前から務めていた大使は、ニューヨークで26日に開かれたミャンマー情勢に関する国連総会の会合で、クーデターを終わらせるには「国際社会の強力な行動が必要」と訴えた。
 また、「国軍の戦争犯罪や人道に対する罪を国際社会が黙認すべきではない」と強調。ミャンマーで続く抗議デモで、市民が独裁への抵抗の象徴としている3本指を掲げるポーズを取った。権力を握る国軍に反発する異例の言動で、議場から大きな拍手が湧いた。』