〔兵頭二十八氏のサイトからの情報〕

『Rachel Zhang 記者による2021-2-28記事「South China Sea: why France is flexing its muscles in the contested waters」。
   フランスが南シナ海に軍艦を派遣したのは、クォッドに加わるためである。
 仏海軍の強襲揚陸艦とフリゲート。3ヵ月の予定で極東に回航されてきた。母港はツーロンだ。

 仏艦隊は南シナ海を2回、横行する予定で、その間に米海軍および日本海軍と合同訓練する。台湾海峡を通過する計画は無い。

 仏国防省によれば、これに先立ってSSNの『Emeraude』を同海域に派遣し、海中の様子をすっかり調べ上げたようである。

 フランスは2019年に表明している。毎年すくなくとも2回、南シナ海をパトロールするつもりだと。

 2019には仏フリゲート『Vendemiaire』が台湾海峡を通航している。

 じつは仏艦隊は2015から毎年、南シナ海に3ヵ月間、所在するようになっている。そして、豪州、ベトナム、マレーシアと合同演習していたのだが、あまり報道されることはなかった。

 2015には、比島を支持し、中共を批難する声明。
 2016年には米空母と合同訓練。

 フランスはインド洋にも太平洋にも点々と領地を持っており、これを防衛するためには、地元の諸国との日ごろの関係が大切である。』

エムロード (原子力潜水艦)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89_(%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6)

『エムロード(フランス語:Émeraude, S 604)は、フランス海軍のリュビ級原子力潜水艦4番艦。艦名はエメラルドのフランス語読みに由来する。

目次
1 艦歴
2 脚注
3 外部リンク
4 関連項目

艦歴
「エムロード」は、DCNシェルブール工廠で建造され1983年3月4日に起工、1986年4月12日に進水、1988年9月15日に就役しトゥーロン海軍基地に配備される。

1994年3月30日に原子炉の蒸気タービンポンプ区画で水蒸気爆発が発生し10名が死亡する事故が起きる[1]。この後同年5月から1995年12月までアメティスト改正に対応した改修工事が実施される。2009年6月6日、エールフランス447便墜落事故に伴い推定事故海域にて機体の残骸やフライトレコーダーの捜索・回収を開始する[2]が、6月26日に機体の残骸と遺体の捜索は打ち切られた。』

仏原子力潜水艦、南シナ海を巡回 中国の反発必至
2021年2月9日 17:54 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ 中国 中国・台湾 ]
https://www.afpbb.com/articles/-/3330846

『【2月9日 AFP】フランスのフロランス・パルリ(Florence Parly)国防相は8日夜、仏海軍の攻撃型原子力潜水艦と支援船が南シナ海(South China Sea)を巡回したと明らかにした。同海域の大半で領有権を主張している中国の反発は必至だ。

 巡回したのは、仏攻撃型原潜エムロード(Emeraude)と支援船セーヌ(Seine)。 』