中国・高齢者 2025年までに3億人超えの予想

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4209417.html

『中国政府は26日、2025年までに60歳以上の高齢者が3億人を超えるとの見通しを発表しました。労働人口が減少するため定年の延長も検討しているということです。

 中国人事社会保障省は26日、記者会見を行い、2025年までに60歳以上の高齢者が3億人を超えるとの見通しを示しました。また、労働人口は今後、2025年までに3500万人減少するとの見通しも示していて、定年延長を検討しているということです。

 中国では一般的に男性の定年が60歳、女性は職種によって55歳、50歳と定められていますが、中国人事社会保障省は「世界各国では高齢化に対応するため定年延長は一般的になっている」として、今後、検討を本格化させる方針です。』