世界の軍事費、コロナ禍でも3.9%増 英「ミリタリー・バランス」

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR25DBV0V20C21A2000000/

『【ロンドン=佐竹実】英国のシンクタンク国際戦略研究所(IISS)は25日、軍事情勢の報告書「ミリタリー・バランス」の最新版を発表した。2020年の世界の軍事費の合計は1兆8300億ドル(約194兆円)となり、物価変動の影響を除いた実質ベースで前年比3.9%増えた。新型コロナウイルスの世界的な大流行の中でも、前年と同程度の伸びを維持した。

米国の軍事費は7380億ドルと全体の4割を占め、2位(中国)から15位(イスラエル)までの合計とほぼ同じだった。3位はインド、4位は英国で、日本は8位だった。

アジアは10年時点では全体の17.8%だったが20年には25%を占めた。けん引するのが中国で、20年の伸び率は19年(5.9%)から鈍化したものの、5.2%だった。世界の増加額のうち、3分の2を米国と中国が占めた。

IISSは中国による南シナ海などへの海洋進出にも触れ、「沿岸地域での優位性を得ようとしている」と指摘した。中国の艦艇の数は過去5年程度で急増しており、潜水艦に対する戦力も高まっているという。

新型コロナ特集ページへ
すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login