高潔な資本主義へ 問われる高額報酬・データ利用

高潔な資本主義へ 問われる高額報酬・データ利用
パクスなき世界 夜明け前(5)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODL109720Q1A210C2000000/

『企業が利己的ではいけないのでしょうか――。

「侮辱的だ」。2020年9月、米レンタカー大手のハーツ・グローバル・ホールディングスの破産手続きを進める裁判で、裁判官の厳しい言葉が何度も発せられた。批判の矛先は経営陣にボーナスとして合計540万ドル(約5.7億円)を支払う計画。同社は一時解雇を含め1万6千人を削減した一方、破産申請の数日前にも役員に高額の特別手当を支給した。

【前回記事】
高学歴は賃金2倍に 格差埋める教育アップデート

米百貨店大手JCペニーは破産申請の直前に最高経営責任者(CEO)に450万ドルを支払った。経営責任を問われるはずの幹部が利益を得ていた。従来、正当化されてきた米国の経営トップの高額報酬のひずみはコロナ禍で拡大している。

コロナ禍で経営陣の高額報酬に批判の声があがる(2020年6月、メキシコシティ)=ロイター

資本主義では企業を中心に利益を追求する行動が経済全体のパイを拡大してきた。18~19世紀の産業革命以降、企業を通じ雇用や所得が増え、中間層が大衆消費社会を支えた。企業の成長で労働者も恩恵を受けられた。

21世紀は大量雇用が不要なデジタル経済に軸足が移り、企業が生む利益と労働者への配分は同じベクトルとはならない。国際労働機関(ILO)によると、17年の世界全体の労働分配率は51.4%と04年から2.3ポイント低下。労働者に回る富は限られ、経済のダイナミズムが失われつつある。

危機の度に企業のあり方は問われる。08年のリーマン・ショックで金融機関幹部らの強欲さが批判された。コロナ禍は放置されてきた問題の深刻さを浮き彫りにした。

共通の未来を描きにくい今、企業は社会における存在意義を自問する。「コロナ禍で優先したのは従業員と顧客の安全」。米ゼネラル・モーターズ(GM)のメアリー・バーラCEOは1月、デジタル技術見本市「CES」で強調した。人類の危機に際し、同社は「我々には製造業の専門知識がある」と、人工呼吸器を3万台、マスクを2億枚生産した。

行き過ぎたテック企業の流儀への対抗軸も広がる。「フェイスブックは『監視資本主義』に陥っている」。マーク・ワインスタイン氏は利用者のデータを使い広告収益を得るモデルに疑問を感じ、16年に広告なしのSNS(交流サイト)の「MeWe」を立ち上げた。基本料金は無料で、追加機能を使いたい利用者が料金を支払う仕組みだ。

プライバシーを重視する消費者が他のSNSから乗り換え、足元で1700万人が使う。ワインスタイン氏は「顧客のデータを売らない倫理的な企業をめざした。本来の資本主義は顧客に喜んでもらい信頼関係を構築するものだ」と訴える。

21年3月期に初の純利益1兆円超えを見込むソニー。18年に社長に就いた吉田憲一郎氏が最も力を入れたのが、企業の存在意義の再定義と社員・株主などとめざす方向性の共有だ。その価値観を人工知能(AI)活用の規範にも反映し、自社製品が人類に悪影響を及ぼさぬよう自らを律する。

「神の見えざる手」で知られるアダム・スミスは「道徳感情論」で、利己的に見える人間には「他人を心にかけずにはいられない生まれ持った性質がある」と説いた。両方がかみあってこそ秩序と繁栄は保たれる。高潔さを併せもつ資本主義を築けるか。人類共通の課題だ。

 「パクスなき世界」取材班 大越匡洋、加藤貴行、島田学、押野真也、生川暁、奥田宏二、江渕智弘、大島有美子、清水孝輔、松浦奈美、鳳山太成、高橋元気、竹内弘文、佐伯遼、北川開、松田崇、宮沢翔、熊田明彦、天野由衣、塩山賢、森田英幸で構成しました。

「パクスなき世界」第4部 記事一覧

(1)世界裂く「K字」の傷 民主主義・資本主義の修復挑む

世界は転機にある。20世紀の繁栄の礎となった民主主義と資本主義という価値の両輪は深く傷つき、新型コロナウイルスの危機は超大国・米国の衰えに拍車…続きを読む
(2)コロナが迫る国際協調 反グローバリズムの限界

ブレグジットという保護主義がかえって自由貿易を要求する声を増幅させ、分断がさらなる分断を招く。米ソ冷戦の終結から30年たった世界で「国際協調疲れ」…続きを読む

(3)中国買い、通貨覇権揺らす 膨張続く「戦時財政」

カネ余りとSNSが「狂乱」を生む。コロナ禍で政府の借金は積み上がった。米政府債務は2020年に国内総生産(GDP)比で100%を超し、第2次大戦時に並ぶ…続きを読む

(4)高学歴は賃金2倍に 格差埋める教育アップデート

コロナ禍は各国で一般市民の教育への不安を増幅させた。米マサチューセッツ工科大の分析では、1963年からの54年間で大学院卒男性の実質賃金は約2倍となる一方…続きを読む

パクスなき世界へ https://www.nikkei.com/theme/?dw=20081701&n_cid=DSBNPAX

クリックすると「WE THINK」ページへ https://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/about/creative/?n_cid=DSBNWETK
WE THINK 』