長期金利上昇「期待の表れ」 FRB議長、緩和持続を強調

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN234RM0T20C21A2000000/

『【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は23日の議会公聴会で、足元の長期金利の上昇について問われ「経済再開や経済成長への市場の期待の表れだ」と述べ、当面は静観する考えを強調した。インフレ懸念についても「物価上昇が長続きするとは予想していない」と述べ、長期の金融緩和方針を再強調した。

パウエル氏は23日、上院銀行委員会で半期ごとに開かれる公聴会に臨んだ。焦点は新型コロナウイ…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

焦点は新型コロナウイルス危機からの脱却だが、パウエル氏は米景気について「FRBの目標からはほど遠い」と楽観論を改めて封印した。雇用が最大になるまでゼロ金利政策を継続する考えも強調した。

ただ、議員との質疑応答では経済の過熱リスクを繰り返し問われた。大規模な金融緩和と財政出動によって、金融資産や不動産などの価格が高騰しているためだ。パウエル氏は「あらゆる要素が合わさって現在の市場が形成されている」と一部の過熱感を認めつつも「大手金融機関の資本や流動性は健全だ」などと述べ、金融システム全体の安定性を強調した。

米10年国債利回りは1.4%に近づき、コロナ危機前の水準に上昇してきた。金利上昇は民間企業や連邦政府の債務負担の増大に直結するが、パウエル氏は「底堅い景気回復に市場が自信を持っている証しだ」と当面は静観する考えを示した。

物価にも上振れ懸念がある。インフレ率は2020年に急低下しており、パウエル氏は「その反動で今年は物価上昇率が上振れする」と認めた。財政出動も「個人消費を押し上げてインフレ圧力となる」と指摘した。ただ「いずれも広範な物価上昇にはつながらず、長続きしないだろう」と述べ、2%のインフレ目標の安定的な到達には時間がかかると強調した。

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

永浜利広のアバター
永浜利広
第一生命経済研究所 首席エコノミスト
コメントメニュー

別の視点 長期金利上昇を景気回復期待の表れとしていますが、今の相場では、景気回復の期待が高まりすぎると、逆に株価の高すぎる期待の剥落を誘発するリスクがあるでしょう。
そもそも今の株高は、逆に経済が完全雇用に程遠いことに伴う金融緩和の長期化期待によって形成されています。
このため、景気回復期待がより強まれば、金融緩和早期出口観測もしくはその前に長期金利急騰を通じて、逆に株が下がると思います。
2021年2月24日 8:33いいね
7

小平龍四郎のアバター
小平龍四郎
日本経済新聞社 編集委員
コメントメニュー

ひとこと解説 日本時間の昨晩は米株式相場が比較的大きく下げていたため、日米ともにミニクラッシュがあるかなと思っていました。実際には金融緩和の長期化を示唆するバウエル発言で事なきを得た格好ですが、今後も株価は金利や金融政策の動向をにらんだ展開が予想されます。グリーンスパン氏の時代から、FRB議長の発言が株価を下支える「FRBプット」が意識されるようになりました。パウエル・プットへの過剰な期待も高まりそうです。
2021年2月24日 8:27いいね
5