米、中国対抗へアフリカ接近探る 国連外交を再始動

米、中国対抗へアフリカ接近探る 国連外交を再始動 
上院、元アフリカ担当国務次官補を国連大使に承認
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN232D40T20C21A2000000/

『【ワシントン=中村亮、ニューヨーク=吉田圭織】米議会上院は23日、国連大使にリンダ・トーマスグリーンフィールド元国務次官補を承認した。オバマ政権でアフリカ担当の国務次官補を務め、ナイジェリアやケニア、リベリアに赴任した経歴があり、アフリカ外交の実務に精通する。国際協調を重視するバイデン政権は中国と緊密な関係にあるアフリカ諸国への接近を探り、国連で中国抑止を目指す。

上院は本会議で賛成78票、反対20票で、黒人女性のトーマスグリーンフィールド氏を承認した。同氏は35年間の外交官経験を持ち、オバマ政権での国務次官補(アフリカ担当)時代には、エボラ出血熱の対策に奔走した。ナイジェリアなどアフリカ諸国のほかパキスタンなどにも赴任した経歴がある。

ブリンケン国務長官は23日の声明で「国連や多国間の枠組みで我が国の立場を修復するために正しい人選だ」と強調した。バイデン政権は多国間外交を推進し、トランプ政権の「米国第一」からの転換を目指す。米国は3月、国連安全保障理事会の議長国を務め、人権や気候変動、ミャンマー対応などで国際協調に向けた手腕がいきなり試される。

国連大使の人選はトランプ政権と大きく異なる。トランプ政権で国連大使を務めたニッキー・ヘイリーやケリー・クラフト両氏は外交経験が乏しかった。とくにクラフト氏は夫がトランプ前大統領の大口献金家として知られ、トランプ氏との近さが大使起用の決め手だとの見方が目立った。

最大の焦点は国連で影響力を伸ばす中国への対応だ。トランプ前政権は国連を軽視し、その間に中国が影響力を増したとの見方は多い。ブルッキングス研究所のジェフリー・フェルトマン客員研究員は2020年秋のリポートで「中国が影響力を行使し、多国間システムから人権などの価値観を徐々に排除していくことを懸念する」と指摘した。トランプ政権が国連を軽視し「中国が国連に浸透することを容易にする」と警鐘を鳴らした。

中国の存在感が顕著に表れるのが人権分野だ。トランプ政権は18年、イスラエルを不当に扱っていると主張し、国連人権理事会を脱退した。中国は今年1月から理事国に加わった。バイデン政権はオブザーバーとして人権理事会への復帰を決めたが、理事国に比べて権限は大幅に限られる。

20年10月には人権問題を扱う国連総会第3委員会で米欧を中心に39カ国が共同声明で、中国による香港の自治侵害などについて「重大な懸念」を表明した。これに対して「香港問題は中国の内政問題だ」として中国を擁護する共同声明には50カ国以上が署名。米欧を圧倒し、対中国包囲網づくりを阻止した。声明はパキスタンが主導したが、中国と緊密に連携していた公算が大きい。署名国の約半分をアフリカが占めた。

中国は国連の15関連機関のうち国際民間航空機関(ICAO)や国際電気通信連合(ITU)など4機関のトップを務め、産業政策などの国際的なルールづくりに深く関わる立場にある。主要7カ国(G7)がトップを務めるのは代行を含め、合計で4機関にとどまる。

トーマスグリーンフィールド氏は1月の指名公聴会で、国連での中国の影響力を抑えるカギはアフリカとの緊密な関係だと指摘した。アフリカは安保理非常任理事国の10枠のうち3枠を持ち、影響力を行使するために「中国はアフリカ3カ国に頼ることができる」(フェルトマン氏)からだ。トーマスグリーンフィールド氏は「私がアフリカ大陸全体で築いた非常に強い関係を生かす」と力説した。

ブリンケン氏は1月下旬の就任直後、南アフリカの外交トップやアフリカ連合(AU)委員長と電話協議し、アフリカとの関係強化に意欲を示した。米メディアによると、バイデン政権内には東アフリカ地域の政情不安や紛争を扱う特使を創設する案も浮上しているという。

ただアフリカ接近のハードルは高い。中国は経済支援を通じてアフリカ諸国と関係を深め、米国が資金面で競争するのは困難だ。バイデン政権は民主主義や人権を重視し、強権的な国家体制をとるアフリカ諸国とは相いれない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

リンダ・トーマス=グリーンフィールド
https://en.wikipedia.org/wiki/Linda_Thomas-Greenfield

『(Google翻訳文)

リンダ・トーマス=グリーンフィールド(1952年11月22日生まれ)は、ジョー・バイデン大統領の下で米国大使が国連に指定されたアメリカの外交官です。民主党の一員である彼女は、2013年から2017年までアフリカ問題担当の米国務次官補を務めた。トーマス・グリーンフィールドは、ワシントンD.Cのオルブライト・ストーンブリッジ・グループでシニアバイスプレジデントとして民間部門で働きました。

バイデン大統領は彼女を国連大使に指名し、2021年2月23日に78-20票差で米国上院によって確認された。

内容
1 初期の生活と教育
2 キャリア
2.1 国連大使
3 出版 物
4 参照
5 外部リンク

初期の生活と教育

トーマス・グリーンフィールドはルイジアナ州ベーカーで生まれました。1974年にルイジアナ州立大学で学士号、1975年にウィスコンシン大学マディソン校で行政学修士号を取得。 [4][5]

キャリア

トーマス・グリーンフィールドは、1982年に外務省に入る前に、バックネル大学で政治学を教えました。 [6]

副次官補、人口・難民・移民局(2004-2006)、アフリカ担当副次官補(2006-2008)、リベリア大使(2008-2012)、外務省事務局長、および同時に人事部長(2012-2013)を務めた。

[7][8]また、トーマス・グリーンフィールドは、スイス(米国国際ミッション)、パキスタン、ケニア、ガンビア、ナイジェリア、ジャマイカで外国のポストを開催しました。 [9]

2013年から2017年まで、米国国務省アフリカ局でアフリカ担当国務次官補を務めた。 [10][11]

トーマス・グリーンフィールドはジョージタウン大学の非居住者フェローで、2017年秋から2019年春までアフリカ研究の著名な常駐フェローを経ています。 [12]

ロサンゼルス・タイムズによると、2017年に彼女は「ほぼ4年間で国務省高官とキャリア専門家の粛清」の一環としてトランプ政権によって解雇された。 [13]

2020年11月、トーマス・グリーンフィールドは、米国国務省に関連する移行活動を支援するために、ジョー・バイデン次期大統領の代理店審査チームのボランティアメンバーに任命されました。 [14][13]
2020年11月時点トーマス・グリーンフィールドはオルブライト・ストーンブリッジ・グループの上級副社長から休職中です。11月24日、バイデンは彼女を次期国連大使に指名し、内閣と国家安全保障会議に彼女を含める計画を発表した。 [16][17]彼女は上院外交委員会の前に2021年1月27日に現れた[ [18]

国連大使

国連アンバサダーへの指名に関する確認公聴会で、トーマス・グリーンフィールドは、彼女が民間コンサルティング会社で働いていた2019年に北京の支援を受けた孔子研究所にスピーチをしたことを後悔していると言いました。彼女は国際政策に関する上院外交委員会と大きく合意し、アフリカ内外における中国の「悪性勢力」と「債務トラップと戦術」に対する懸念を高めた。2021年2月、テキサス州のテッド・クルーズが中国に関するコメントにより、彼女の指名に関する委員会の投票を遅らせていると報じられた[19][20]。 [21]

トーマス・グリーンフィールドは、この運動は「反ユダヤ主義に迫っている」として、ボイコット、売却、制裁に対して「イスラエルの不公平な標的に立ち向かう」と誓った。 [22]

トーマス・グリーンフィールドは2021年2月23日に米国上院によって確認された。

出版物
トーマス・グリーンフィールド、リンダ(2001)。「 米国難民の入会の歴史と政策」.難民調査四半期 .20 (2): 165-169.doi:10.1093/rsq/20.2.165.ISSN 1020-4067.
トーマス・グリーンフィールド,リンダ;ウォートン、D.ブルース(2019)。「ジンバブエのクーデター:純利益か利益なしか?軍事レビュー.
トーマス・グリーンフィールド,リンダ;バーンズ、ウィリアム・J(2020). 「外交の変革:国務省を救う方法」.外務.99 (6)。』