ビットコイン急落。600万/1bitcoinから500万/1bitcoinを切る

http://blog.livedoor.jp/goldentail/

 ※ 「机上空間」さんのサイトからの情報だ…。

 ※ シティーの「金融の世界における影響力」について、語っている…。

 ※ 「世界情勢」を考えるとき、「世界情勢に影響を与える各勢力」を考えるとき、表面的なものは重要(と言うより、我々一般人には、そういうものしか手に入らない)だが、表面には出てこない事がらに、目配りしておくことも重要だ…。

 ※ 何かの拍子に、「ぷくっと」あぶくのように水面上に浮かんだ情報を、しっかり捉えて、しまっておこう…。

『私は、もし暗号資産が、国境を超えて、世界通貨として君臨する事があるならば、それは、イギリスのシティーが発行する公認の暗号資産一択と考えています。シティーは、金融の表の世界で取り扱っている取引高も世界3位ぐらいありますが、真の価値は旧イギリス王室領や旧イギリス植民地のフリータックス地帯で広く行われている裏の金融市場です。ここでは、表向き規制されている取引も、自由に行われていて、その取引高は、ニューヨーク証券市場の2倍。東京証券市場の4倍と言われています。

シティーは、日本で言うと、戦国時代の大阪のように、豪商が政治力を含む権力を持ち、国王ですら対等の相手として扱わざるを得ない力をもっていました。今でも、シティー内部は、形式的には、治外法権とされていて、マイヤーと呼ばれるシティーの代表が許可を出さないと、エリザベス女王でも、街区に入る事はできません。

世界中に広がるシティーの金融ネットワークは、超法規的なもので、国連から経済制裁を受けているはずの北朝鮮の石炭や鉄鉱石が売買されているのも、この市場を利用しているからです。代金の受け渡しさえ問題なければ、このネットワークの取引にタブーはありません。

ここが、信用の担保として発行される暗号資産であれば、世界通貨になれる可能性があります。残念ながら、それ以外の暗号資産は、所詮はローカル・トークンに過ぎません。特に、私企業が発行する暗号資産などは、ゴミも同然です。』