日経平均反落、終値484円安の2万9671円 半導体に売り

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGD00004_U1A220C2000000/

 ※ 今日は、こんなところで…。

 ※ 2月15日以来の上昇分を、全部吐き出した形だな…。

 ※ 29671円~296712円が、頭打ちラインか…。

 ※ 15日線(29541円くらい)が、下支えか…。

 ※ 今回の下げの原因は、米国債の金利上昇→株価下落につながるかも…、という懸念組+折からの、過熱感を危惧組…、が手じまった→日本株に波及+日銀ETFの買い入れも無さそう…、で手じまった…という感じか…。

 ※ いずれ、わりと早くから買ってた人達は、「値崩れ」を危惧して「利確」する向きも、多いだろう…。

『24日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落し、前営業日比484円33銭(1.61%)安の2万9671円70銭で終えた。終値で3万円を下回るのは今月12日以来。前日にハイテク株比率の高い米ナスダック総合株価指数が一時急落したことを受けてリスク回避姿勢が強まり、短期筋などによる売りが優勢だった。アジア株の下落も売り材料視され、取引終了に向けて下げ幅を広げた。

朝方から売りが優勢だった。半導体関連株を中心に売られ、午前中には300円安まで下げる場面もあった。米長期金利の高止まりが嫌気され、これまで相場をけん引してきたグロース(成長)株が崩れるのではとの警戒感が強まった。ナスダック100株価指数など米株価指数先物が日本時間日中を通して軟調だったことも下押し要因として働いた。

押し目買いへの意欲が強い投資家による買いも入り、日経平均は一時的に下げ渋った。だが午後に入り、日銀が上場投資信託(ETF)を購入しないのではとの観測も出て再び下値を模索する展開になった。さらに香港の株式取引の印紙税引き上げ方針が伝わってハンセン指数が大幅に下落したことで投資家心理が一層冷え込み、売りに拍車がかかって安値引けとなった。

JPX日経インデックス400も反落。終値は前営業日比302.03ポイント(1.72%)安の1万7237.77だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、35.28ポイント(1.82%)安の1903.07で終えた。

東証1部の売買代金は概算で3兆4613億円。売買高は15億7041万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1523と、全体の約7割を占めた。値上がりは605、変わらずは66銘柄だった。

スクリン、信越化、太陽誘電が大きく下げた。ソフトバンクグループも売られた。ソニーやサイバー、エムスリーも下落した。一方、三越伊勢丹や高島屋が上昇。三井不や住友不、IHIも上げた。ファストリも買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

マレーシア、ミャンマーへ1000人超送還 国連など非難

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM240RT0U1A220C2000000/

『【シンガポール=共同】マレーシア政府は23日、ミャンマーから入国を図り、収容所に拘束されたミャンマー人約1100人を本国に送還した。政府はクーデターを起こしたミャンマー国軍と送還で合意。ミャンマーがマレーシア西岸に派遣した3隻の艦船で出国した。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や人権団体は、国軍が政権を握ったミャンマーへの送還は「人命を危険にさらす」と非難。アムネスティ・インターナショナルが22日、高裁に送還差し止めを申し立てた。高裁は23日に差し止めを認めたが、既にミャンマーの艦船に乗船済みで法的効力が及ばなかった。

マレーシアの入国管理当局は、送還対象がUNHCRの難民登録の証明書やパスポートを持っていない「不法移民」だと説明。ミャンマー国内で迫害対象となっているイスラム教徒の少数民族ロヒンギャは含まれていないと主張している。

ただミャンマーには他にも紛争を抱える少数民族が複数ある。UNHCRは送還対象に難民登録証の保持者や未成年が含まれているとして、当局に再考を求めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

「石油の時代」支えた巨人 ヤマニ元石油相死去

「石油の時代」支えた巨人 ヤマニ元石油相死去
編集委員 松尾博文
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGH242K60U1A220C2000000/

『サウジアラビアの元石油相で、産油国の石油戦略を主導したアハマド・ザキ・ヤマニ氏がロンドンで死去した。

Nikkei Views
編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

1973年10月、エジプトとシリアがイスラエルを奇襲攻撃して第4次中東戦争が始まった。これにあわせて、サウジなど中東産油国が原油の公式販売価格を引き上げ、アラブの敵対国には禁輸を打ち出したことで、世界中にパニックが広がった。パレスチナを…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

パレスチナを解放する「アラブの大義」のために、石油を武器に使ったのである。

第1次石油危機を招いた戦略の中心にいたのがヤマニ元石油相だ。ただ、ヤマニ氏の評価すべき点はむしろ石油危機後にある。

ガランとした紙、洗剤売り場で買いだめをする人たち(1973年12月)

70年代から80年代初めの2度の石油危機を経て、産油国が石油を戦略商品として使う弊害が表れた。消費国はサウジなど中東産油国が主導する石油輸出国機構(OPEC)への依存を敬遠し、北海やメキシコ、米アラスカなどOPEC以外の産油量が増えた。石油以外へのエネルギー転換や省エネも進んだ。

ヤマニ氏は83年、「値下げは唯一の方法である」と発言し、原油価格の引き下げを初めて決断する。OPECの変遷を見続けてきた帝京平成大学の須藤繁教授は「ヤマニ氏は人為的な石油価格引き上げは消費国の石油離れを招く。石油資源の最後の一滴まで有効利用することがサウジの国益にかなうとの認識に立ち、市場安定を重視する路線の礎を築いた」と指摘する。

代償も大きかった。「逆オイルショック」といわれる80年代の供給過剰と原油価格の低迷の局面で、市場の調整役(スイングプロデューサー)を自任するサウジは率先して減産を繰り返した結果、ピーク時に日量1000万バレルを超えていた生産量は同300万バレルを切る水準まで落ち込んだ。石油収入に頼るサウジの財政は打撃を受けた。

20年以上にわたり石油政策を担ってきたヤマニ氏は86年、事実上この責任を取る形で、「ねぎらいの言葉もなく、更迭ともとれるやり方」(須藤教授)で解任された。

サウジでは石油は国家運営の最重要部門であるために、司令塔となる石油相には石油と市場を熟知する非王族のテクノクラートがついてきた。ヤマニ氏は第3代国王であるファイサル国王に重用され、その下で手腕を振るったが、国王は75年に暗殺される。その後の国王とそりがあわなかったとの見方もある。

サウジのヤマニ元石油相(1982年)=ロイター

ヤマニ氏は2009年7月、日本経済新聞のインタビューで「石器時代は石がなくなったから終わったのではない。(青銅器や鉄など)石器に代わる新しい技術が生まれたから終わった。石油も同じだ」と語った。

「ヤマニの箴言(しんげん)」の通り、今日、速度を上げる脱炭素のうねりはエネルギー秩序を崩し、石油の富を享受してきた産油国に対応を迫っている。変革の先にどのような世界が待っているのか。それを見ることなく「石油の巨人」は去った。

G7、ミャンマーデモ死者発生に非難声明

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR232VL0T20C21A2000000/

『【ロンドン=中島裕介】主要7カ国(G7)の外相は23日、混乱が続くミャンマーで治安部隊によるとみられる発砲で抗議デモ参加者に死傷者が相次いでいることを受けて非難声明を発表した。デモへの実弾使用は「認められない」と指摘。「抗議活動に暴力で応じる者は、その責任を負わなければならない」と訴えた。

声明は死者に対して哀悼の意を表したうえで「(ミャンマー)国軍や警察は最大限自制し、人権と国際法を順守しなくてはならない」と警告した。ミャンマー国軍はデモ参加者の結集を妨げるためインターネットを遮断している。声明は「ネットの利用停止と言論の自由を抑圧する表現の自由の締め付けに懸念を想起する」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

ウイグル・香港「中国は具体的行動を」 外相、国連会合で

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE230QO0T20C21A2000000/

『茂木敏充外相は23日、スイスのジュネーブで開催中の国連人権理事会ハイレベル会合でビデオ演説をした。「自由、基本的人権の尊重、法の支配は香港や新疆ウイグル自治区をはじめ中国でも保障されるべきだ」と述べた。「中国に建設的で具体的な行動を強く求める」とも訴えた。

ミャンマーのクーデターには「重大な懸念を有している」と表明した。アウン・サン・スー・チー国家顧問ら「関係者の解放と民主的な政治体制が早期に回復されることを改めて強く求める」と話した。

今夏の東京五輪・パラリンピックは「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして、10周年を迎える東日本大震災からの復興を発信する機会として、開催する決意だ」と呼びかけた。

人権理事会では茂木氏の演説に先立ち、中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相のビデオ演説が放映された。王氏はウイグル族の強制労働といった大規模な人権侵害は「起きていない」と全面的に否定した。

「新疆ウイグル自治区へのドアは常に開かれている」と主張し、バチェレ国連人権高等弁務官が率いる調査団を受け入れる用意があると言明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

北朝鮮情勢など意見交換、日米高官が協議

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE2429C0U1A220C2000000/

『外務省の船越健裕アジア大洋州局長は24日、ソン・キム米国務省次官補代行(東アジア・太平洋担当)と北朝鮮についてテレビ会議方式で80分協議した。最新の情勢について意見交換した。日米、日米韓で緊密に連携することを確認した。

バイデン政権は日本や韓国など同盟国と連携してこれまでの政策を検証し、新たな戦略をまとめる方針を示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

米軍駐留費協定1年延長 日米、改正議定書に署名

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE241SN0U1A220C2000000/

『日米両政府は24日、在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)を定める特別協定を巡り、3月末までの期限を1年間延長する改正議定書に署名した。茂木敏充外相と米国のヤング駐日臨時代理大使が持ち回りで実施した。茂木氏が同日の記者会見で明らかにした。

思いやり予算の水準は5年度ごとに結ぶ特別協定に基づいて決めてきた。バイデン政権の発足から現行協定の期限切れまでは2カ月しかない。日米両政府は新たな協定を結ぶには時間が足りないと判断し、1年間の延長で折り合った。

日本側の2021年度負担は過去5年間と同水準の2017億円となる。22年度以降の対応は改めて協議する。国会承認を経て3月末までの発効をめざす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

米、中国対抗へアフリカ接近探る 国連外交を再始動

米、中国対抗へアフリカ接近探る 国連外交を再始動 
上院、元アフリカ担当国務次官補を国連大使に承認
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN232D40T20C21A2000000/

『【ワシントン=中村亮、ニューヨーク=吉田圭織】米議会上院は23日、国連大使にリンダ・トーマスグリーンフィールド元国務次官補を承認した。オバマ政権でアフリカ担当の国務次官補を務め、ナイジェリアやケニア、リベリアに赴任した経歴があり、アフリカ外交の実務に精通する。国際協調を重視するバイデン政権は中国と緊密な関係にあるアフリカ諸国への接近を探り、国連で中国抑止を目指す。

上院は本会議で賛成78票、反対20票で、黒人女性のトーマスグリーンフィールド氏を承認した。同氏は35年間の外交官経験を持ち、オバマ政権での国務次官補(アフリカ担当)時代には、エボラ出血熱の対策に奔走した。ナイジェリアなどアフリカ諸国のほかパキスタンなどにも赴任した経歴がある。

ブリンケン国務長官は23日の声明で「国連や多国間の枠組みで我が国の立場を修復するために正しい人選だ」と強調した。バイデン政権は多国間外交を推進し、トランプ政権の「米国第一」からの転換を目指す。米国は3月、国連安全保障理事会の議長国を務め、人権や気候変動、ミャンマー対応などで国際協調に向けた手腕がいきなり試される。

国連大使の人選はトランプ政権と大きく異なる。トランプ政権で国連大使を務めたニッキー・ヘイリーやケリー・クラフト両氏は外交経験が乏しかった。とくにクラフト氏は夫がトランプ前大統領の大口献金家として知られ、トランプ氏との近さが大使起用の決め手だとの見方が目立った。

最大の焦点は国連で影響力を伸ばす中国への対応だ。トランプ前政権は国連を軽視し、その間に中国が影響力を増したとの見方は多い。ブルッキングス研究所のジェフリー・フェルトマン客員研究員は2020年秋のリポートで「中国が影響力を行使し、多国間システムから人権などの価値観を徐々に排除していくことを懸念する」と指摘した。トランプ政権が国連を軽視し「中国が国連に浸透することを容易にする」と警鐘を鳴らした。

中国の存在感が顕著に表れるのが人権分野だ。トランプ政権は18年、イスラエルを不当に扱っていると主張し、国連人権理事会を脱退した。中国は今年1月から理事国に加わった。バイデン政権はオブザーバーとして人権理事会への復帰を決めたが、理事国に比べて権限は大幅に限られる。

20年10月には人権問題を扱う国連総会第3委員会で米欧を中心に39カ国が共同声明で、中国による香港の自治侵害などについて「重大な懸念」を表明した。これに対して「香港問題は中国の内政問題だ」として中国を擁護する共同声明には50カ国以上が署名。米欧を圧倒し、対中国包囲網づくりを阻止した。声明はパキスタンが主導したが、中国と緊密に連携していた公算が大きい。署名国の約半分をアフリカが占めた。

中国は国連の15関連機関のうち国際民間航空機関(ICAO)や国際電気通信連合(ITU)など4機関のトップを務め、産業政策などの国際的なルールづくりに深く関わる立場にある。主要7カ国(G7)がトップを務めるのは代行を含め、合計で4機関にとどまる。

トーマスグリーンフィールド氏は1月の指名公聴会で、国連での中国の影響力を抑えるカギはアフリカとの緊密な関係だと指摘した。アフリカは安保理非常任理事国の10枠のうち3枠を持ち、影響力を行使するために「中国はアフリカ3カ国に頼ることができる」(フェルトマン氏)からだ。トーマスグリーンフィールド氏は「私がアフリカ大陸全体で築いた非常に強い関係を生かす」と力説した。

ブリンケン氏は1月下旬の就任直後、南アフリカの外交トップやアフリカ連合(AU)委員長と電話協議し、アフリカとの関係強化に意欲を示した。米メディアによると、バイデン政権内には東アフリカ地域の政情不安や紛争を扱う特使を創設する案も浮上しているという。

ただアフリカ接近のハードルは高い。中国は経済支援を通じてアフリカ諸国と関係を深め、米国が資金面で競争するのは困難だ。バイデン政権は民主主義や人権を重視し、強権的な国家体制をとるアフリカ諸国とは相いれない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

リンダ・トーマス=グリーンフィールド
https://en.wikipedia.org/wiki/Linda_Thomas-Greenfield

『(Google翻訳文)

リンダ・トーマス=グリーンフィールド(1952年11月22日生まれ)は、ジョー・バイデン大統領の下で米国大使が国連に指定されたアメリカの外交官です。民主党の一員である彼女は、2013年から2017年までアフリカ問題担当の米国務次官補を務めた。トーマス・グリーンフィールドは、ワシントンD.Cのオルブライト・ストーンブリッジ・グループでシニアバイスプレジデントとして民間部門で働きました。

バイデン大統領は彼女を国連大使に指名し、2021年2月23日に78-20票差で米国上院によって確認された。

内容
1 初期の生活と教育
2 キャリア
2.1 国連大使
3 出版 物
4 参照
5 外部リンク

初期の生活と教育

トーマス・グリーンフィールドはルイジアナ州ベーカーで生まれました。1974年にルイジアナ州立大学で学士号、1975年にウィスコンシン大学マディソン校で行政学修士号を取得。 [4][5]

キャリア

トーマス・グリーンフィールドは、1982年に外務省に入る前に、バックネル大学で政治学を教えました。 [6]

副次官補、人口・難民・移民局(2004-2006)、アフリカ担当副次官補(2006-2008)、リベリア大使(2008-2012)、外務省事務局長、および同時に人事部長(2012-2013)を務めた。

[7][8]また、トーマス・グリーンフィールドは、スイス(米国国際ミッション)、パキスタン、ケニア、ガンビア、ナイジェリア、ジャマイカで外国のポストを開催しました。 [9]

2013年から2017年まで、米国国務省アフリカ局でアフリカ担当国務次官補を務めた。 [10][11]

トーマス・グリーンフィールドはジョージタウン大学の非居住者フェローで、2017年秋から2019年春までアフリカ研究の著名な常駐フェローを経ています。 [12]

ロサンゼルス・タイムズによると、2017年に彼女は「ほぼ4年間で国務省高官とキャリア専門家の粛清」の一環としてトランプ政権によって解雇された。 [13]

2020年11月、トーマス・グリーンフィールドは、米国国務省に関連する移行活動を支援するために、ジョー・バイデン次期大統領の代理店審査チームのボランティアメンバーに任命されました。 [14][13]
2020年11月時点トーマス・グリーンフィールドはオルブライト・ストーンブリッジ・グループの上級副社長から休職中です。11月24日、バイデンは彼女を次期国連大使に指名し、内閣と国家安全保障会議に彼女を含める計画を発表した。 [16][17]彼女は上院外交委員会の前に2021年1月27日に現れた[ [18]

国連大使

国連アンバサダーへの指名に関する確認公聴会で、トーマス・グリーンフィールドは、彼女が民間コンサルティング会社で働いていた2019年に北京の支援を受けた孔子研究所にスピーチをしたことを後悔していると言いました。彼女は国際政策に関する上院外交委員会と大きく合意し、アフリカ内外における中国の「悪性勢力」と「債務トラップと戦術」に対する懸念を高めた。2021年2月、テキサス州のテッド・クルーズが中国に関するコメントにより、彼女の指名に関する委員会の投票を遅らせていると報じられた[19][20]。 [21]

トーマス・グリーンフィールドは、この運動は「反ユダヤ主義に迫っている」として、ボイコット、売却、制裁に対して「イスラエルの不公平な標的に立ち向かう」と誓った。 [22]

トーマス・グリーンフィールドは2021年2月23日に米国上院によって確認された。

出版物
トーマス・グリーンフィールド、リンダ(2001)。「 米国難民の入会の歴史と政策」.難民調査四半期 .20 (2): 165-169.doi:10.1093/rsq/20.2.165.ISSN 1020-4067.
トーマス・グリーンフィールド,リンダ;ウォートン、D.ブルース(2019)。「ジンバブエのクーデター:純利益か利益なしか?軍事レビュー.
トーマス・グリーンフィールド,リンダ;バーンズ、ウィリアム・J(2020). 「外交の変革:国務省を救う方法」.外務.99 (6)。』

同盟国とは バイデン政権は連携重視 きょうのことば

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM232HV0T20C21A2000000/

『▼同盟国 主に条約などによって軍事同盟を結んでいる国を指す。米国の同盟国には多くの欧州の国が参加する北大西洋条約機構(NATO)の加盟国や日本、韓国などがある。米軍は東西冷戦期から多くの同盟国に軍の拠点を保持するようになった。日本は日米同盟を重要視しており、日米安全保障体制と日本の外交の柱としている。

米国のトランプ前大統領は「米国第一主義」を掲げ、同盟国に対しても厳しい対応を見せた。NATO加盟国に対して防衛費の追加負担を求めたほか、日本に対しても在日米軍の駐留経費負担の増額を求めた。安全保障体制を維持することと併せて、防衛費の負担増や市場開放を迫り同盟国は厳しい対応を迫られた。

一方で1月に就任したバイデン大統領はかねて「同盟国や友好国と協力する大統領になる」と宣言し、外交や安全保障政策で国際協調を重視する姿勢を示してきた。オースティン国防長官も「米軍の体制見直しに際しては同盟国や友好国と相談する」とし、トランプ前政権との違いを見せている。同盟国との連携を通じて、存在感の増す中国やロシアの脅威に対抗する戦略を打ち出す。

【関連記事】
米、同盟国と供給網整備 半導体・EV電池で中国に対抗
「米国の同盟は財産」 バイデン氏が外交演説
冷える米中、試される同盟 日本「受け身」は愚策
米軍駐留費協定、1年延長 日本負担2000億円維持で合意 
米、中国海警法に懸念表明 「脅しや武力行使」の可能性

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

』有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

韓国、2020年に初の人口減 出生率が過去最低更新

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM231MW0T20C21A2000000/

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国統計庁は24日、2020年に同国で生まれた子どもの数(出生数)が前年比10%減の27万2400人で、過去最少となったと発表した。1人の女性が生涯に産む子どもの推定数である合計特殊出生率も0.84と過去最低を更新した。死亡者数は30万5100人と出生数を上回り、統計開始以来初の人口減となった。

20年の出生率は前年に比べて0.08下がった。平均出産年齢は33.1歳と、前年から0.1歳上がった。40歳台を除くすべての年代層で出産が減った。20代後半から30代前半の減少幅が大きい。人口構成の変化もあるが、若い世代の先行き不安感が影響している。

1970年代には4を超えていた韓国の出生率は90年に1.57と日本と並ぶ水準に低下した。00年から15年の間は1.2前後だったが、17年に1.05に急減。18年にデータがある1970年以来初めて1を割り込んだ。

出生数が減少する一方で、死亡者数は前年比3.4%増えた。出生数の減少傾向は今後も続くとみられ、韓国は本格的な人口減時代にさしかかる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login