ワクチン接種でじんましん 副作用の疑い、富山の病院

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE201JY0Q1A220C2000000/

『政府は20日、富山労災病院で19日に実施した新型コロナウイルスのワクチン接種で、副作用の疑いのあるじんましんの症例があったと明らかにした。首相官邸のツイッターで公表した。

「厚生労働省は引き続き副反応の疑い事例の収集に努め、接種後15分以上は接種会場で様子を見るなどの安全対策の周知に努める」とも投稿した。

17日から医療従事者向けの先行接種が始まった。国立病院機構など全国100カ所で実施している。対象者は4万人で、その一部を対象に副作用などの安全性を調査している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login