米長期金利が一時1.3% 1年ぶり高水準、景気回復期待で

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN16EE80W1A210C2000000/

 ※ 全くの「素人」の感想だが、「米株暴落のショック」が、「金融・財政当局発」となる可能性は、低いのでは…。

 ※ 「リーマン」の教訓もあるし、AIなんかの「ITツール」も発達している…。十分、市場関係者と意思疎通を図った上で、運営するものと思われる…。

 ※ 怖いのは、「想定外の、突発的な事件・事態」だ…。

 ※ 「Sell the fact(セル・ザ・ファクト、事実で売れ≒何か事件があったら、ともかく売れ)」で、一斉に「パニック売り」に走ることは、起こり得る…。

 ※ しかし、こればかりは、予測不能だからな…。

『【ニューヨーク=後藤達也】米長期金利の上昇が加速している。16日のニューヨーク市場で米10年物国債利回りは一時1.30%と先週末より0.10%上昇し、約1年ぶりの高水準となった。政府の経済対策に加え、新型コロナウイルスの新規感染が減少傾向となり、今後の景気回復期待が強まっている。

長期金利が1.3%台を付けるのは2020年2月27日以来で、米国でコロナ感染者が急増する直前にあたる。20年夏には0.5%程度まで低下していたが、景気回復期待とともに徐々に上昇し、21年に入って上げが加速した。

米国のコロナ新規感染者数は足元で1月のピークと比べて6割以上減っており、市場では今春以降の経済再開の期待が強まっている。バイデン政権は1.9兆ドル(約200兆円)の経済対策の成立に向け、強気の交渉を続けており、「国民への現金給付やサービス産業での再雇用によって個人の購買力は急回復する」(米モルガン・スタンレーのエレン・ゼントナー氏)との予想が増えている。

株式市場ではいまのところ金利上昇への警戒は限定的だ。16日にはダウ工業株30種平均は史上最高値圏を保った。長期金利は歴史的にみればなお低水準で19年末(1.9%程度)を大きく下回る。社債や住宅ローン金利も低く、景気をすぐに冷やすとの懸念は少ない。

ただ、世界の株価は超低金利の長期化を前提に上昇が続いてきたため、金利上昇に歯止めがかからなくなれば株価に逆風となるおそれがある。米バンク・オブ・アメリカが16日公表した投資家調査では大きなリスクとして「コロナワクチンの進展」に次いで、「債券市場の動揺」が挙げられた。

多様な観点からニュースを考える
※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

永浜利広のアバター
永浜利広
第一生命経済研究所 首席エコノミスト
コメントメニュー

分析・考察 原油や穀物価格上昇に伴う期待インフレ率の上昇も一因かと思います。
ただ、米国と違ってデフレマインドが蔓延している日本では、2008年の食糧・エネルギー価格が上がっても全体の物価押上は限定的となったように、今回もそうなると思います。
背景には、食料・エネルギーといった生活必需品の負担が増えることで、食料エネルギー以外の可処分所得が減ることを通じて、生活必需品以外の消費が抑制されるからです。
2021年2月17日 13:21いいね
1

滝田洋一のアバター
滝田洋一
日本経済新聞社 編集委員
コメントメニュー

分析・考察 景気回復期待が背景なら「良い金利上昇」、財政悪化やインフレ懸念などが背景なら「悪い金利上昇」です。足元では米国でインフレ懸念が高まるかどうか。商品価格は上昇していますから、上昇でコストプッシュが起きるかどうか――が注意点です。
商品の王様である原油は、WTI価格が一時60㌦を回復しています。コロナ禍が到来した昨年3月にはマイナス40㌦まで落ち込んでいましたから、これから前年比での物価上昇率は高まります。
こうした物価動向に接し、水鳥の羽音に驚くような債券売りが起き、割高感の出ている株式市場を揺さぶりはすまいか。というのが春先の「ヒヤリハット」シナリオでしょう。
2021年2月17日 11:59 (2021年2月17日 12:33更新)
いいね
9

高井宏章のアバター
高井宏章
日本経済新聞社 編集委員
コメントメニュー

ひとこと解説 米国の長期金利は、金融危機前は4~6%、危機後も2~3%が居所でした。
債券市場が織り込む期待インフレ率が2%程度なのを考えれば、金利はいまだに十分低い水準です。

株式市場で長期金利の上昇がブレーキとして意識されるのは、水準もさることながら、FRBが金利上昇を容認する姿勢を見せるかどうかにかかっています。
2%台が見えてきたあたりで、パウエル議長がどう市場との対話を進めるかが注目です。
2021年2月17日 11:44いいね
11

梶原誠のアバター
梶原誠
日本経済新聞社 本社コメンテーター
コメントメニュー

ひとこと解説 日本にとっての注目は円と株です。円相場は長い目で見ると米長期金利に連動しているとの分析があるので「米長期金利の上昇→ドル高・円安圧力→日本の輸出企業の業績向上→日本株高」というシナリオが浮上します。円相場は年明けに1ドル102円台まで円高に振れましたが今は約106円と、今期の企業の想定に戻りました。日本株の上昇ペースが速い理由でもあります。ただ米政府の保護貿易主義は健在なので、米企業の輸出の足を引っ張るドル高が行き過ぎると対策を取って来る可能性があります。
2021年2月17日 11:30 (2021年2月17日 11:39更新)
いいね
9

志田富雄のアバター
志田富雄
日本経済新聞社 編集委員
コメントメニュー

別の視点 米国市場での金利上昇とドル高を受けて、金(ゴールド)は大きく値下がりし、1トロイオンス1800ドルを下回りました。昨年、新型コロナウイルス禍の中で2000ドルを超えて史上最高値を更新しましたが、そこから1割強下落したことになります。対照的に世界経済の鏡とされる銅相場は上昇を続けており、市場が「危機の先」を見ていることを象徴しています。
2021年2月17日 11:27いいね
7

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login