[FT]米テキサス州、寒波で270万戸が停電

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM166A10W1A210C2000000/

 ※ こういうことも、あるのか…。テキサス州というと、ずいぶん暖かいところというイメージだったが…。

 ※ ただ、北米大陸のロッキーとアパラチアの間の「大平原」は、遮る地形が無いので、「熱波」は「奥まで、到達しやすい」という話しを、聞いたことがある…。

 ※ 「寒波」でも、同じことなんだな…。

『米テキサス州で300万戸近くが停電し、米中部全域にも広がりつつある。北極からの寒気の影響で暖房需要が急増していたところに、寒気に伴う混乱で発電所が相次ぎ機能停止に陥った。

テキサス州の電力網を管理する独立系統運用機関ERCOTは15日、寒気の影響で状況はさらに悪化するとの深刻な見通しを示した。担当者は前代未聞の事態だちと語った。

ERCOTは15日午前1時25分(現地時間)、寒波で天然ガス井が凍っ…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

ERCOTは15日午前1時25分(現地時間)、寒波で天然ガス井が凍って火力発電へのガスの供給が断たれたほか、一部の風力タービンも凍結して発電量が減っているため輪番停電を実施すると発表した。

一方、ERCOTのシステム運営部門を統括するダン・ウッドフィン氏も15日、ガスや石炭、原子力を電源とする火力発電所が大半を占める予備発電も寒波で機能停止に陥ったことを明らかにした。

ウッドフィン氏は15日、「発電量がシステムの需要を十分まかなえるほど回復するまでは、停電を続ける」方針を示した。「現時点では15日に加え、16日の少なくとも午前中、おそらく終日までは計画停電をある程度続ける必要がある」と語った。

電力自由化「テキサスモデル」の試金石に

米国内の停電状況を追跡するパワーアウテージ・ドット・USによると、15日の昼食時には270万戸以上が停電していた。

気象学者によると、カナダから南下した猛烈な寒気の影響でダラスの気温はマイナス15.5度まで下がった。混乱は米国内のさらに広い範囲に及ぶ恐れがある。

オクラホマ州からノースダコタ州に至る電力市場を運営するSPPは15日、緊急対応を発動すると予告して「計画停電」に入った。

今回の寒波に伴う混乱は、電力自由化が進んでいるテキサスモデルの試金石となる。このモデルでは発電事業者の収益源は日々販売する電力だけで、電力不足に備えた予備電力からは収入を得られない。他の一部の州のように地域を独占する大手電力会社は存在せず、小売電気事業者が顧客獲得を巡ってしのぎを削っており、市場に連動して価格を調整できる。

極めて高い電気代を請求することになる小売事業者の一部は顧客に対し、他社に切り替えるよう促している。テキサス州で事業を運営する小売事業者グリッディー・エナジーは自社サイトで「現時点での電気代の見通しや実際の料金が高すぎるようでしたら、プロバイダーを変更しても構いません」と述べている。

グリッディーは昨年12月、大規模なエネルギー取引部門を持つ豪大手銀行マッコーリー・グループから出資を受け、「価格の急変動への対応策」を重視した新経営陣を発表した。

卸売電力の先渡し価格、一時1メガワット時9000ドル超え

テキサス州の電力消費量は全米で最も多い。ガス暖房を使うビルとガス火力発電所が供給を奪い合っている。

15日のテキサス州の卸電力取引所の先渡し価格は一時、上限の1メガワット時(MVh)9000ドルを超え、平均価格25ドルの数百倍に跳ね上がった。

ここ数日間の電力価格の高騰により、卸電力の買い手の支払い能力は限界に達する恐れがあった。市場運営を担うERCOTは先週末、取引を支えるために購入に必要な拠出金の算出方法を見直した。

ERCOTの商業運営部門バイスプレジデントのケナン・オゲルマン氏は「変更期間中は市場参加者に求める拠出金の要件を緩和する。これにより、参加者は市場にとどまることができる」と語った。

ERCOTは一部の発電所への天然ガスの供給が「制限」されていることを明らかにした。英調査会社ウッドマッケンジーによると、テキサス州と隣のオクラホマ州でのガス井やパイプラインの「凍結」により、米国のガス生産量は日量44億立方フィート(約1.25億立方メートル)減少した。これは米国のガス供給量の約5%にあたる。

ERCOTは15日夕方のピーク時のテキサス州の電力需要は7万MWを大きく超え、2019年夏の過去最高に迫ると予測している。さらに、ウッドフィン氏は3万4000MW弱の発電能力がシステムから締め出されているため、計画停電を実施せざるを得ないと説明した。

今回の寒波はテキサス州の石油業界にも混乱を及ぼしている。日量63万バレルと米最大の精製能力を誇るポートアーサー製油所を所有するモティバは、安全を確保できるまで操業を停止すると発表した。

ヒューストンのターナー市長は、ERCOTが当初示した「15~30分ごとの輪番停電ではなく停電がはるかに長引いていることに不満を示した。

ターナー氏は「これは輪番停電とはいえない。停電は州全域かつシステム全体に及んでいる」とツイートした。

By Gregory Meyer, Justin Jacobs and David Sheppard

(2021年2月16日付 英フィナンシャル・タイムズ電子版 https://www.ft.com/

(c) The Financial Times Limited 2021. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

英フィナンシャル・タイムズ(FT)と日経新聞の記者が、アジアのテクノロジー業界の「いま」を読み解くニュースレター「#techAsia」の日本語版をお届けします。配信は原則、毎週金曜。登録はこちら。
https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?me=B009&n_cid=BREFT053