[FT]デンマーク 北極圏での警戒監視能力を増強

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM160NM0W1A210C2000000/

『デンマークは、北極圏におけるロシアの軍事力増強に対抗するため、自治領であるグリーンランドとフェロー諸島周辺の偵察能力の強化に2億5千万ドル(約260億円)をつぎこみ、さらに同地域における軍事支出を今後増加させるとみられる。

同国は先週、グリーンランド上空を偵察するために長距離偵察用ドローン2機を購入し、北大西洋に浮かぶフェロー諸島に東西冷戦時に使用されていたレーダー基地を復活させると発表した。トリ…

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1808文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

有料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07

無料会員に登録する
https://www.nikkei.com/r123/?ak=https%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXZQOGM010QT001022021000000&n_cid=DSPRM1AR07#free

ログインする
https://www.nikkei.com/login

トリネ・ブラムセン国防相は、計画は「最初の一歩である」とフィナンシャル・タイムズ(FT)に語った。

「現在の安全保障の状況がこのまま続くのであれば、能力増強のために今後さらなる措置を取ることになる。これからは、周辺、特に海上の状況を詳細に把握することが可能になるだろう」

グリーンランドを買おうとしたトランプ氏

ロシアや中国、米国など周辺の大国は、資源が豊富で戦略的にも重要な位置を占める広大な北極圏に強い関心を示している。ロシアは北極圏での軍事的プレゼンスを高めることに注力し、米トランプ前大統領はグリーンランドの購入に関心を示した。

2月実施の予定だった米国、英国及び他の北大西洋条約機構(NATO)軍との大規模軍事演習は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)のために中止を余儀なくされたが、ノルウェーは極北の崖の内側にある潜水艦基地を再開する計画だ。

デンマークの右派、左派の政党は先週、グリーンランドとフェロー諸島での偵察と通信を強化するために15億デンマーククローネ(2億5千万ドル)と運用コストとして年間3億クローネを支出することで合意した。

北極圏に約300人の兵士を配備するデンマークは、地域の防衛に「特別な責任」を持つ、とブラムセン氏は述べた。監視用ドローンの購入(7億5千万クローネ)とフェロー諸島のレーダー基地の再建(3億9千万クローネ)は、いずれもNATOの要請に応えて実施するものだ。

「ロシアは北極圏で軍備を増強しており、活動も活発になっている。そのため同地域で能力を増強させることが重要になっている。その目的は、紛争をエスカレートさせるためではない。能力を持たず、事態を把握できないことで生じる将来的なリスクを下げるためだ」とブラムセン氏は説明した。

ロシアへの対抗で北欧諸国の軍事費は増加

ロシアが2014年にクリミアを併合して以来、北欧諸国は北極圏を中心に軍事費を増やしてきた。とはいえ、ロシアは北極海周辺の8カ国が地域の経済活動や環境保護などの問題を話し合う「北極評議会」に参加しているため、関係は友好的だという。

北欧の一部外交官は、米国の同地域に対する強い関心や、ポンペオ米国務長官(当時)が19年の演説でロシアと中国の北極圏での「攻撃的」な行動を激しく非難したことに警戒感を抱いている。スウェーデンの元外相は、米国は同地域に対して「嘆かわしく危険な」アプローチをしているとFTに語った。

ブラムセン氏は、デンマークは米国と「非常に緊密な協力関係」にあり、「北極圏と地域が感じる脅威について(両国の)見解は同じだ」と話した。また、デンマークはグリーンランドには無関心だったのに、トランプ氏が関心を示したことで重要性に気がついたのではないか、というグリーンランドの一部住民の批判を否定した。

フェロー諸島と英シェトランド諸島の間の海域でロシアが軍事活動を行った可能性があるとする20年の報道について、同氏はデンマークの偵察能力が不足していたため検証できなかったと認めた。フェロー諸島にレーダー基地が再建されれば周辺海域の情報収集に役立つはずだと指摘した。

グリーンランド上空を偵察する2機のドローンは「最も重要な死角の解消」に効果があるという。

By Richard Milne

(2021年2月15日付 英フィナンシャル・タイムズ電子版 https://www.ft.com/

(c) The Financial Times Limited 2021. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.